タグ:昭和レトロ・玩具 ( 40 ) タグの人気記事

すりおろし林檎のための器

f0172925_1611326.jpg


家のわりと近くに、昔ながらの瀬戸物屋さんがある。中はかなり広く、人間国宝の方作の何百万やらするお皿なども飾られているのだが、人が買っているところをついぞみたことがない。でも、老舗なのだ。そこにどうもお宝があるような気がして、(あ、この場合私には、人間国宝はまるっきり関係ありません)ついに、意を決してそのお店に入ってみた。

感じのよいご夫婦のお迎えに、気をよくして物色。ああ、可愛いキャセロールやら、こけしの柄の可愛らしいお皿やら、このホコリも、きっと40年経っているのね・・・とホコリまで愛しく思えてしまうほど魅力的なものが目白押しであった。

なかで、私が目に留めたのが、数あるガラスの器の中に埋もれていた、このお皿。残念ながらこの写真では底の部分の柄が見えないけど、中心に花のような模様あり。カットガラスではなく、「押しガラス」というちょっと懐かしい昭和のもの。
他の柄も沢山あって、もう何がなんだかわからなくなってしまい、これを5枚購入。ああ、林檎のすりおろしにいいな・・・・
とか思って。

果たして、目的はこんなにも早く達成したのだが、林檎のすりおろしを家族で食べることは、なく、判っていれば、全部違う柄のお皿を買い求めればよかったかとも考えてしまった。

思案するほどのことはない、1枚280円の器だったのだけどね。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-01-08 16:29 | 昭和レトロ・玩具

口がまずい・・・

皆様はお風邪など、ましてやインフルエンザなどに近づいてはいませんね?
菌の隣で寝起きすること3日。どうやら家族1の熱は平熱に下がりまして、
家事がおろそかになっちゃうのは、病気の面倒を見ているから~等という
言い訳ができなくなっちゃった・・・ちっ。

で、まぁ、今日はずるをして、お弁当を購入してね。るんるんと食べたわけですよ。
それが・・・?なのでした。

味覚が変になっている。

口がまずい・・・

ああ・・・・こんな形で足跡を残されるとは・・・

これじゃ家事なんてやってらんねぇよっ・・・ってどれだけ怠け者なのか・・・新年の自分。





f0172925_14543282.jpg


「口がまずいと、食欲はなくなるのかい?」

「いんや。おかしいと思って食べ続けてるらしいよ。」
[PR]
by yocchi0220 | 2009-01-07 14:46 | ひとりごと

怪獣・・・はて?

f0172925_145950.jpg


ウルトラシリーズに出演していたのは確かなのだが、はてさてウルトラ何?なんだか判らず。
ウルトラファンの方々、申し訳ありません。ブルーのメタリックがお洒落な一品、ん?一匹?

もう、30年以上うちでこのポーズをしていいる。そろそろ、この手を下に下げてあげるべき
ではないか?と思うこのごろ。体育の時間「マエナライ」をし続けるって、鍛錬だったなぁ。


体育の時間で思い出すことは少し。私は女子高で、体育のフィールド競技とは別に、きちんと、
「ダンスの時間」というコマがあった。私たちは、真っ黒の長袖レオタードと足首までのスパッツ
を履き、その上に学校指定のエンジ色のジャージ。青春真っ只中、パッツパツ私たち。まさに、
サツマイモの皮を剥いたらモジモジ君である。

その時のY先生は、ベテランもベテラン。この高校の主のような女性。ブラウンのボブカットの髪
をセンターパーツに分け、スレンダーな体型にブルーのシャドウ。肩にはショール。なぜか、講
堂に(体育館のほかに講堂があり、ダンスの授業は講堂で行われていた)中国の大きい銅鑼
があって(高島夫妻のお昼の長寿番組「いただきます」のオープニングにスカンクの着ぐるみが
叩いていた・・・ん?料理番組でなぜスカンクだったのだ?!疑問)

その銅鑼をY先生が、どおおおおおおおおおおんと叩く。そのどおおおおおおおおおんの余韻
が消えるまで、Y先生のテーマに即して、個人やグループで創作ダンスをするのだ。

ある日、いつものように、どどおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・・ん(くどい)
が鳴った瞬間、Y先生が、テーマを。まず、私のいる班。


「今はいい時、ランプのつく時、愛しい貴方の帰って来るとき・・・・!」

「・・・・・・?!」   生徒は無言で、踊りましたよ。イメージして。わけのわからん踊りを。

そして、次の班に、どおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・・ん

「金木犀の花の芯で燃えていたい!!」

「・・・・・・?!」   友達も必死に考えて踊ってた。



以前にも言ったが、私はバカな娘だったので、笑いたいような泣きたい様な気持で友人たちの
ダンスを見ていた。(多分肩がふるえていたかもしれん)そして、ダンス後、友人が

難しすぎるっていうか、訳わかんないしっ!金木犀の花の芯ってどこ?!

nЭ△xwz9@p☆o!・・・・!
私の必死のメッセージにも気づかず、彼女は先生が真後ろにいるにもかかわらず言い切った。

そして、Y先生は、心底がっかりした様子で言ったのだ。
「そう・・・・?  私の詩なの・・・・・・とってもいいと思ってるんだけど・・・・・」


nЭ△xwz9@p☆o!・・・・!
その後怒涛の言い訳に全エネルギーを使う彼女の動きは、かつて見たどんなダンスより
魂がこもっていたと私は記憶している。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-16 14:36 | 昭和レトロ・玩具

WIDY EXPRESS

f0172925_2311695.jpg


このブリキの汽車は、汽笛がなり、ライトが光り、方向も変えることができるというもので、
あまり古いものとは思われない。多分70年代のものであろうと推測。銀色の部分と汽車の
底の部分がプラスチックなのだ。音は結構大きく、でも、電子音ともちょっと違って、かすれた
いい音が出る。

・・・と書いたところで、あるオークションにこのメーカーで似たものが、レトロ玩具として
18000円也になっていた。ん?そんなに古いものには思えんのだけどなぁ。

でも、確かにいえることは、箱の仕様から言って、輸出用の商品かと思うのだ。
アメリカのオークションにもここのメーカーの汽車のおもちゃが出品されている。
箱に一つの日本語もない。TOYTOWN SHINSEI 日本製。





この時期、急行列車といえば、トムハンクスが主演し映画にもなった、絵本「急行「北極号」」。
サンタを信じる話がでたら、黙ってこの本をよんであげるといいと思う。

ただ・・・
セントニコラスさんはトルコの聖人だったのだが・・・いつから北欧の人になったのか・・・
サンタクロースに届く郵便番号はHOHOHO。それはカナダに届く。
サンタクロースも謎がいっぱい。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-12 23:36 | 昭和レトロ・玩具

白バイ?

f0172925_2075085.jpg


「前の車止まりなさ~い」
と、パトカーに乗せられ、キップをきられたことのある私だが、未だ白バイに追いかけられた
ことはない。でも、結構ドッキドキのギッリギリの経験はあるわけです。あの方たちったら、
まるで忍者のように道の影に隠れてスタンバッてらして・・・。

安全運転を肝に命じます。

白バイで思いつくのは、マラソンの先導。いくら人が速いたって、あの距離をずうっと
あの速さで、間隔を一定に保ちつつバイクを走らせるお姿・・・我慢強いったら!!
私なら、ランナーがゴールしたのを見届けたその瞬間から、スピード違反取締りの為に
ブオーンっとアクセル全開で走りたい。マラソンランナーにも敬服するが、毎回あの
バイクが気になって気になって。カメラも意識しなきゃならないし。ちゃんと先導者の紹介
もあるし、故郷ではご両親が親類縁者に流布し、でテレビ録画してるだろうし・・・。
思わず応援したくなるってもんだ。





さて、このブリキのオートバイは、明らかに日本の白バイとは違いますが、海外では白バイを
何と呼ぶのかしらねぇ。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-11 20:24 | 昭和レトロ・玩具

サリーちゃんの扇子

f0172925_8215031.jpg


マハリ~ク マハ~リタ ♪

テレビっ子だったという昨日の続きね。
サマンサが実写版の代表だとすると、アニメの魔法使いの代表は「サリーちゃん」
ここに意義をとなえる人はあるまいて。(んなことないか)

f0172925_8131193.jpg


f0172925_820874.jpg

[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-09 08:22 | 昭和レトロ・玩具

レーシングカー

f0172925_17371614.jpg


一連のブリキの車シリーズも、私の手持ちは、これで終わり。
もしかしたらメーカーさんからはもっと沢山の種類が出ていたのかもしれない。
コメントにもありましたけど、タクシーとかトラックとかあったかも。

私、レースにはあまりというか、全くもって知識なく、「チキチキマシーン大レース」くらいしか
見たことがないのです。東京12チャンネルに当時「東京キッドボックス」というアニメの枠
があって、明治の提供だったと思う。ゴリラかチンパンジーの子供のぬいぐるみがCMに
出てきて最後にプレゼントがあるの。意味がわからないままこの言葉を不思議と聞いていた。
それは、まるで早口言葉だ。
「トウセンノハッピョウハショウヒンノハッソウヲモッテカエサセテイタダキマス・・・」

で、その時のテレビアニメがとっても楽しかった。ラムジーちゃんとか、突貫カメ(カメが探偵
で、お腹側の甲羅に電話が入っている)とかスーパースリー、どぼちょん一家、チキチキマシーン・・・
最後にキャラクターがバンド演奏をするとこもアメリカらしかった。
母の世代は、ララミー牧場とかラッシーとかローハイドでアメリカの生活を知るけど、私のアメリカ
は、サマンサやダーリン、そしてアニメのキャラクターのバンド演奏。
ポパイに出てくるおじさんの食べているハンバーガーはどんな味なんだろう・・・と。



そうそう!東京12チャンネルといえば、私にとっては「東京ボンバーズ」!!姉の隣でテレビ
にかじりついていたものだ。私の幼児期の刷り込みに姉の影響は計り知れない。
「ヤングOH!OH!」でカップヌードルは美味しそうだと思い、ザ・パンダに笑っていた。

両親の横で見てた「笑点」の龍角散のCMで日曜日が終わることを知るのであった。
あ、今浅田飴の味を思い出しちゃった。水飴タイプのほうの。

すんごいテレビっ子だった・・・・という結論。

お恥ずかしい。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-07 22:30 | 昭和レトロ・玩具

バキュームカー

f0172925_20345493.jpg


一番最初に登場したコカコーラの車に並び、この車こそが時代を映していると思う。
この車をゼンマイの車シリーズとして作成した玩具会社に敬意を感じているのには
小学生の頃の小さなエピソードがある。

当時私は小学1年生であった。商店街の中で育ち、小学校も比較的、住宅街の中に
あった。それでもたまに街中でもこの車が走るのを見る。そして子供は騒ぐのだ。
幼稚園時代からの友達の女の子のお父さんは、この車を使う仕事をしていた。
私は、うすぼんやりとした子供ではあったが、そのことは彼女から聞く前から知っていた。
ある日、同級生の男子2人がそのことをどこかから聞きつけ、その子をからかい始めた。
彼女は泣き始め、私は怒り、ジャイアンどこじゃない品のないデブと、ネズミのような
コンビの二人にくってかかった。弱いものいじめはやめろ!だの、ちょっと、よしなよ!
とか言いながら間に割って入ったのだ。

そこに現れたのが「さゆりちゃん」だ。さゆりちゃんは、色白で目がパッチリと大きくて、
瞳は茶色、髪がさらさらの栗色ので、前歯がちょこっと出ていて、とても可愛い。
しかし、ただ可愛いだけではない、背は小さいのだけど、生まれもってお姉さんというか
キリッとしていて一言で言うと「正しい人」なのだ。
さゆりちゃんは、状況を見てすぐに加勢に加わった。そして、凄みを利かせるガキに
まったくひるまず、汚い言葉を浴びせられても、そこはダイレクトに打ち返し、ついには

「人が嫌がる仕事をすることは偉いことだってお父さんが言ってた!!」

と、小学校1年生の低俗なガキの喧嘩の、ののしりあいに、ゆるぎない正論をはっきりと
相手に伝えたのだ。まるで鐘が鳴り響くようにその瞬間、さゆりちゃんちの正しい親子の
会話風景、いや、家庭教育がくっきりと映し出されたのであった。

私は、さゆりちゃんが大好きだった。偉ぶらなくて可愛くて利発だった。でも、友達の輪
が広がった頃、違うクラスで、突然さゆりちゃんは転校してしまった。




このゼンマイの車を作った人は、さゆりちゃんのお父さんのような気持でこの車をラインナップ
に入れ、子供たちに手にとって貰うことを善しとしたと思う。

そして、さゆりちゃんも、きっと正しい大人になっているに違いない。

そう思う。そう思っている。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-06 22:25 | 昭和レトロ・玩具

戦車

f0172925_22373812.jpg



ブリキの車シリーズ第5弾は・・・戦車。

予想通りの貴方!本当に?まじぇぃ~?

諸説あるが、戦車はリッター200メートルの燃費。排出する二酸化炭素は、自動車で
40~50台分、あるいは200台分とも言われている。戦闘機は1万台分・・・って。

「当社の戦車はハイブリッドで環境にも優しく破壊活動を致します・・・」

こんな履き違えで、こんがらがる時代が来ませんように。

平和を願う時代ではなく、平和になりますように。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-05 23:01 | 昭和レトロ・玩具

JAFの車

f0172925_22362647.jpg



この車シリーズ、あと3種類ほどあります。
なかなか可愛い車なので、車好きでなくとも、眺めているといい気持になります。

私は交通事故経験者ですが、JAFにはお世話にならず、(廃車で救急車じゃね)
父がお世話になっています。で、JAFといえば、車で困ったときの、お助け屋さん。

私が、車で困った事故以外の最大事は、夕方の国道。交通渋滞時のガス欠。
最初、車に何が起きたか全く判らず、「フゥーン」と息絶えていく車にもう、パニック。
後ろは渋滞だわ、道の真ん中だわ、大迷惑の極み。ちょうど、対向車線の道沿いに、
マツダのディーラーがあって、そこに走りこみ、

よっち   車が突然止まっちゃったのですがっ!!

ディーラー「・・・・ガス欠じゃないですか?」

よっち   ここの近くにガソリンスタンドありますかっ?!

ディーラー「対向車線側に・・・・」


そうして、わざわざ道を一往復して、もといた場所の左前に聳え立つガソリンスタンド
にかけこみ、おじさんがポリ容器を持ってきてガソリンを入れに来てくれたのでした。

その時の道行く車の視線の痛いことといったら・・・・もう・・・・・。
穴掘って、地球の裏側で一から人生やり直したい気分。

以来、ガソリンメーターには大騒ぎ。赤ランプがついても、「まだまだ平気」という家人
と本気で喧嘩し毎回夫婦の危機を迎えます。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-04 22:51 | 昭和レトロ・玩具