<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

よっちMRI検査体験スルの巻

行ってきました。MRI検査。

着替えて、体中にある金属という金属をはずすのね。

ラメの入ったマスカラなんかも落とすの。

最近はファンデーションにもキラキラ入ってるから

それも落とした方がいいかも。ん?私のはダイヤやパールのお粉だから

大丈夫?なら、どうぞお好きに。



250ミリリットルの造影剤を飲むことから始まるんだけど、

製剤メーカーさん、どうぞ、もう少し味付けをしてくださいまし。

なるべく全部飲んでくださいねって言われても、これは…

ストローだと余計に飲みづらい


CTの検査のようにベッドに横になり、この丸い円の中に入るのか…

と思っていると、検査技師が

閉所恐怖症ではないですか?と聞く

はいはい。大丈夫ですよと答える。


すると、カエルのゴムの足がぴょんぴょん伸びて、カエルが動くおもちゃに

ついていた楕円形の握るものをもたされて(あ。手動の血圧計のポンプの部分!)

気分が悪くなったら中断しますので、これ押してくださいね。という。

息を20秒ほど止めることを何度か繰り返しますね。

そのあと、5秒ほど止めてもらうのも何度か繰り返します。

全部で30分くらいですからね。

息は思い切り吸って止めると苦しくなりますので自然にして、それをしっかり止めてくださいね。

横隔膜が動いて、画像が乱れますからね。




30分…結構長いなぁ。

すると、樹脂でできた短い梯子のようなものがお腹に乗せられる。

それをしっかりバンドで留めて…もはや拘束。

う…

あれ?なんだか、やっぱり、気持ちが、なんだか息苦しい…



あのね、よっちさん、これ、すごい音がしますので、ヘッドフォンをつけますね。

指示はここから聞こえますから心配しないでくださいね。

がっしりとヘッドフォン装着。








では、参ります。









そして、ベッドが動き、止まる。

目を開けると…

私の目の上30センチくらいに樹脂の天井。

足元は全く見えないが、どうやら足元はあとから、円筒形の機械の中からは出ていた模様。

想像を超えた圧迫感に、少しばかりパニックになる。

まるでカプセルの中に閉じ込められたような感覚なのだ。

思わず目をつぶって、ここは普通のベッドの上、普通のベッドの上…

と自己暗示をかけ始める。

無性にもがきたくてたまらない。

これで、自分が騙せなかったら、このシュコシュコを押そう!!

ああ!!叫びだしたいよーーーー!!!





そう思った瞬間、


ガガーーーーン  ウィーーーーーーン  
ガガガガガガガガガガガ

どどどどどっど  ピコピコピコ  キュイキュイキュイキュイ  

ドドドドドドド…




そりゃもう騒がしいのなんの。

で、20秒の息とめや、休みや、5秒の息とめ が繰り返され、

30分が過ぎて行った。









でも途中、しばらく楽にしていてくださいね。

といわれ、MRIの白い筒の中で目を閉じながら考える。

今後のこと、悪い結果のこと。

でも、また考える






「すべてうまくいく」






かぁちゃんも言ってた、笑っている将来。














トータル40分ほどの検査でも、非常にくったりしてしまって、それからの診察までの時間

椅子にへたり込む。






ようやく呼ばれた番号。20年来の担当医が変わり、現れいでたる医師はオニイチャンだった。

で、結果は?

専門の医師と画像をよく見ますからね、1週間後で。





え?


まだ待つのかよーーー。














ツレに、緊急性が無いってことだから、大丈夫と言われ、

確かにねと病院をとぼとぼと後にする。

晴れやかになりたかったのになぁ。

でも、きっとどんな結果でも

「すべてうまくいく」


ね。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-04-27 16:50 | ひとりごと

九州新幹線全線開通

北九州に住まう友達が、こちらを気遣う電話をくれて、

お互いの安否やら、状況を連絡し合ったのであった。

あちらは九州新幹線全線開通という九州をあげての大きな節目で

こちらは小さいながら(いや、決して小さくはないんだけど;^^)北関東自動車道全線開通という節目であった。

で、時期同じく震災と重なり、いろいろが自粛ムードの中であるという

ことを話していたのである。

先日のテレビで、その九州新幹線全線開通のCMに心打たれる人が多い

ということで、自粛されているそのCMが番組で流れた。

ご存知の方も多いと思うけど、私が観たいので、載せます。





さまざまなバージョンはこちらで。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-04-23 17:05 | ひとりごと

一面に

f0172925_10211539.jpg

なかなか開花せず、世話が下手だったんだなぁ…と反省していた1ケ月。
一斉に開花した水仙。西に向かってありがとう~!!


f0172925_10212747.jpg

家の脇や、木の根元、塀沿いにも植えました。
花が終わって球根がまた、育ってくれるといいなぁ。




手をかけすぎてもいけない。

ほったらかしでもいけない。

育つには育つが、可憐な花を咲かせるに必要なのは






手というものより、もっと大きな

人の手の届かない、光、空気、

至極あたりまえだが、自然の力なくしては。






抱え込むこの手にできることは限られている。

まったくもってちっぽけで、ささいすぎるほどの。






委ねることの大きさに、

下を向いているときにはまったく気が付かないようではあるけど

気づく時にきっと新しい朝がやってくる。

この朝に送り出そうと、していたのではないか。







あなたの守っている花は

あなたが咲かせたものでなく

本来根が持つ力と、すでにゆだねられていた大きな力で。





だから、きっと大丈夫。

声をかけ、慈しむ。

水を与えて、風から守り、添え木を刺す。

慈しむ。








あとは、ゆだねる。

お日様に。ゆだねる。

きっと朝が来る。

花を目覚めさせる朝が来る。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-04-20 10:42 | ひとりごと

また揺れる

1ケ月経ったのだ。

新聞に被災者の津波にのまれたり、流される体験談が載っていて、

想像を超える恐ろしさに、息苦しくなる。

本当によく助かってくれました。

そして、奪われた多くの命が、苦痛も悲しみもない限りなく安らかな場所に

おられることを願ってやみません。

春の穏やかな、桜の芯に揺れるような心地よさで。

神様、どうか、どうかお願いします。









そして、先ほど来客中にまた大きく揺れました。

まだ足りないのか。

まだ揺らしたいのか。

震源地から比較的離れたこの地にあっても、心臓が早打ちをする恐ろしさ。








一分一秒でも早く、揺れがおさまりますように。

どうか、どうか、みなさんご無事で。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-04-11 18:22 | ひとりごと

泣きっ面にハチ

参った参った。

この4月から町内のある会の代表になるのだが、昨年この会の代表が

ぐだぐだだったのが歴々の上の方に知れ渡り、今年度新たなバックアップシステムを

作らねば!という動きがあれよあれよという間に始まり…御訓示。






私の正直な感想は「後白河法皇」である。

さらに、一年任期のその長を

「少なくとも2年、いやずっとやれ!」というお言葉。タバコの煙が目に染みるんですケド…





涙目である。でも一年間本当に弱ったり怒ったりしながら行事をこなしていた

自分も、こいつらに任しちゃいらんねい!というお上のおふれにつながる

もとになっていたんだから、自分達で撒いた種なんである。

それでも、実は上が出てくるというのは前代未聞、大事なのである。

それもシステムとして今後何年も続いていくのである。ああれぇぇぇぇ。





おふれが下ってから(完全時代劇だけど)涙目になったまま、バイトに行った

私である。うわの空で笑顔も消え、しかめっ面というより完全泣きっ面であった。

私のバイト先、店内私のみの15畳くらいの道に面したオープンスペース。

営利目的のお店ともちょっと違う。販売は無し。

通りすがりの人誰でもウエルカム。





そこにオッサン現る。

「オイ、爪切り貸してくれ」






「爪切りはないのですが…」





オッサン、机の上で私が切り貼りしていたハサミを見つけ、

「これでいいや」






見ると爪の先が何やら赤剥けていて、痛々しい。

でも、その切ったものを床か机かにそのまま切り落としている。

私はその手を「痛って~」というショボショボした顔で見ていて、

「大丈夫ですか?」

等と今から思えば、思いやりの言葉の一つかけることはできなかった。








するとね、

「○○ところにあったときは、女の子が3人交代でいて親切だったよ!」
(ここは以前正社員とパート職員が違う場所でオープンしていた)

「優しくって、携帯電話の使い方も教えてくれたよ!」

と、明らかに、怒ってきたのであった。







「そうでしたか、どうも申し訳ありません」

と頭を下げる。私。












すると、

「50か!」













「?」















「50かって聞いてんだよ。生まれた年言ってみろ!すぐにわかるんだから!」













そこで、正直に言ってもなんの問題もなかったのだけど、余裕のない私には

冷たいスイッチが入ってしまい、このオッサンに正直なことを言っても結局は

「前の子と違ってババアだな!」(前任者もみな若いわけではない)

と言われるのが目に見えていたので








にこやかににこやかに、いえいえ申すわけにはという表情で手を振ったのだ。









オッサン、ますます力が入る。

「生まれ年言えっていってんだよ!じゃ、干支でいい、干支言え!わかるんだから!」












やれやれ。
また、にこやかににこやかに、いえいえ申すわけにはという表情で手を振ってみる。












オッサン、次第にドアに近づいて帰るもよう。

「言ってみろ!」












三度目の
にこやかににこやか。














「60か!  60なんだろっ  干支いやわかるんだよっ!」
















オッサン(推定年齢70か!)は吐き捨てて店を出て行った。
















50だったら何が悪いんだよーーーー
60だったら何が悪いんだよーーーー














前日の負のオーラがとりついて、何かを呼び寄せたなとも気を紛らわせてみたが、

このカウンターパンチは意外とボディに効いてきた。

年ぢゃない。

優しさと親切を比較されて、否定されたのが実は応えたのだ。











不覚にも涙がにじむ。

私は前任者を知らない。でも、前任者ならば、このオッサンにも慈しみの心を

持ったに違いない。心の余裕がなかった私は明らかにオッサンに、その手は痛い

だろうなぁ~という感覚はあったけど、困った人かな、大丈夫かなぁという

ビームがだだもれしていたに違いないのだ。











そのあと、何人かお客さんが来て、説明のようなことをしていると、常連さんが立ち寄り

「説明うまくなったなぁ、声もいいし」と笑う

「あははは、Sさん、30分遅かった!今お客さんに60か!って怒られたばっかりで。」






「そうかい、かわいそうに!目が悪いんだな。でも、そういう時はなんだって褒めるだよ。

着ているものだっていい、綺麗な目ですね~目がいいんですか?大丈夫、目なんて自分

では見えないからお世辞だってわからない。お客さんしっかりとたってますね!

なにか鍛えてらっしゃるんですか?って聞いたっていい。なんだって褒めときゃいいんだよ」






72歳のSさんは自他ともに認める剛健の人だ。





一生懸命、しおれている私を元気づけてくれる。






ありがたい。



















でも、やっぱり、あの時の私は優しくはなかった。

器のちっせいババァ 以外の何者でもなかった。

私がオッサンを呼び寄せたのだ。

痛い薬なのだ。










いや、実に痛い。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-04-04 17:04 | ひとりごと