<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました。

f0172925_23243489.jpg



思い通りに行ったことは少ないかもしれないけれど

それでも、声をあげて笑った日々もありました。

ひざを抱えて座り込む日もあったけど、

手を差し伸べてくれる人がいたことにも気づきました。

沢山の感謝をこめて、今年もありがとうございました。



色とりどり、光に満ちた一年が皆様に訪れますように。

そして、時にはうなだれ、歩みが止まってしまうその瞬間に隣に寄り添う人がいますように。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-31 23:21 | ひとりごと

デジャヴ

今この年の瀬に、こうも毎年進歩がないものか!と感心することが繰り広げられている。

それは…



















年賀状。















いや、あの、通常のお付き合いの方用のは済んでるんです。

通常じゃないお付き合いの方ってどんな?

って言われると困るんだけど、

要は、プリンタで全てを済ませてしまうと、やり残した感がありまして。













今回見つけたのがこれ

f0172925_21563544.jpg


簡単シルクスクリーン。切り抜きタイプ。

何が簡単かって…それはさ、



















メーカーの作りが簡単なわけ。




ま、予想はしていたんだけどね。

f0172925_21582820.jpg


カットを切り抜いて、版に張り込み、

f0172925_21591315.jpg


刷るのみ!













さて、出来上がりは…たった10枚でしたが…


そのうちどうも、まともなのは…

f0172925_2204356.jpg


小正月には届くと思うの。待っててくださるかしら。

インクが一日たっても全然乾かない!!










今年も課題を残して来年にリベンジだ!!!
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-29 22:07 | 作る

メリークリスマス




今宵、皆さんが、愛で包まれていることを心より祈りながら。

メリークリスマス。

そして
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-25 21:04 | ひとりごと

東京のおまけ

minさんところをおいとまし、ちょっと夢のようにふわふわしながら、

地下鉄に乗り、おまけの東京を。

f0172925_20464398.jpg




おめあてはソニープラザ。ケンタッキーのキャンペーンで引き換えられるトートバックを

貰いに行ったわけ。うちの県にはソニプラが無いので諦めていたんだけど、

今回の東京行きで、せっかくだからってね。

それで、銀座を歩きます。






引き換えたバックはそれなりのものだったけど(当たり前だよねケンタのオマケのおまけだもん)

ついでついでと、ハンズまで歩く。

夢中になって歩いているうちに足がジンジンしてきてしまい、次第に歩くペースもダウン。

ものめずらしさで、あっちにこっちにとまっすぐ歩けない超ジグザグ歩行。

どっかで休みたいなぁ・・・どこもいっぱいだ・・・

いっぱいといえば、とにかくいっぱいの行列は西銀座チャンスセンター。もう長蛇の列列列。

横目で見つつ、買い物帰りの外はもう夜。





f0172925_20522796.jpg


f0172925_2105159.jpg



有楽町駅から電車に乗って~

東京駅から新幹線。グランスタも人で溢れている。のどの渇きはRF1の野菜ジュースで補い

ツレの薦めである行列に並ぶ。


そこは・・・

f0172925_2141718.jpg

六厘舎。

狭狭の店内はコートを着る時期はかなり辛い。脱いだコートを置くところがないから。

でも満員行列。そして、誰もがみんなご完食。

うどん?と思う極太麺です。魚の粉を混ぜてね。つけ麺のスープを最後は「スープ割りで!」との

お約束で飲み干すのでした(私はしないの。高血圧だから)

ぷは~っ。ごちっ!!





でも、待って、なんだかとっても夢のようだったminさんとこの余韻が、すっかり現実モードに

なってしまったぢゃないかっ!!ばかばか!!


アノヒトに連絡したら会ってくれたかなぁ・・・なんて思いながらガタンゴトンと電車揺られました。

歩いて乗り継ぎバスに乗り、足をひきずるようにしてようやく家に。

f0172925_20531955.jpg


お土産の一部~。

やっぱりサーモス買おうかなぁ・・・と迷っていたこのごろ、「!」見つけて思わずカゴにいれた

アラジン!そうか、おまえ、出ていたのかい!

今はなくてはならない職場のお供です。いい東京の旅でした。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-12 21:19 | 出かける

神楽坂へ

さて、お腹も満足してた私。通りを見物しながら歩きます。

そして。

f0172925_17241239.jpg


到着!!


間違いなし!!





そう。ここはminさんの参加している三人展の会場、アユミギャラリー。













えっと、確か2時から会場におられると…でも、minさんの名前しらないのだな。私。

ううむ。どうやって声をかけたらいいのだろう。

f0172925_17301994.jpg


緊張しながらギャラリーにお邪魔し、ゆっくり作品を見せて頂きながら…作者名にようやく気付く。

f0172925_17304132.jpg

f0172925_1743388.jpg




minさんコーナーをゆっくり歩く私に主催者と思われる方が、さりげなく

「作家を呼びましょうか?」とおっしゃる。



「え!は、はいっ!オネガイシマスッ!!」



心臓がドッキドッキで中学生の告白の気分。











そこに、なんとも作品のイメージ通り、素敵な女性登場。

「あ、あの…ぶ、ぶろぐやられてますか?」

「あ、あの…ヒツジタンスのよ、よっちです!」










「minさーーーん!!」

「よっちさーーーん!!」

思わず大歓声になってしまい、主催者のお一人が、ずいぶん久しぶりのご対面なのねと勘違い

されたのも無理はない。いえいえ、初対面でございます^^






ギャラリーはこの一画だけ時間が止まったような空間で、本当によく、ギャラリーとして活躍の

機会を与えてもらってよかったね!と壁を撫でたくなる感じであります。

うちの田舎では国の登録文化財にもなった古い百貨店が今月取り壊されることになったのです。

で、そのあとは駐車場なんだって。駐車場に入りきれない車があるわけでもなく。

戦火でも焼けず、その百貨店がただ一つ残ったゆえに、丸焼けの町の方向が分かった…と言われていた。

その建物を見るために地方から人が集まっり、都内某老舗デパートと同じ建築家、アールデコ調の様式…

その歴史も文化も、市が更地としてお買い上げになるんだそうで、非常に悲しく空しくやりきれない。

その思いも重なって、こういうふうに人が集まり、また、生き続ける建物というのは非常に

幸せだなあと思わずにはいられないのでした。結局人なんですけどね。








f0172925_19455123.jpg

ブログで観ていた好きな作品が間近に!!静かな作品の前で興奮のよっち。


f0172925_19461039.jpg
f0172925_19463086.jpg


f0172925_19464912.jpg

ギャラリーには次から次へとお客様が訪れます。

私の好きな作品は…きっとminさんがアップしてくれる画像でお楽しみください。

ブログを通じて、初めての対面。初対面なのに懐かしいような不思議な感覚です。

一言でいえば、やっぱり「嬉しい」。

とっても嬉しかったです。








f0172925_1947629.jpg


minさんの世界を生み出す素敵な手とヒツジ(笑)

名残惜しく、おいとまをいたします。














あなたも是非アユミギャラリーにお出掛けください。

三人展の開催は8日まで
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-08 17:46 | 出かける

お腹をみたしてから。

今年の夏のはじめ、私はどうにも身動きができなかった。

なんだかんだと中途半端な予定が組み合わさり、気持ち的にも体的にもキュウキュウ、

いやギュウギュウといったかんじだったからだ。

だから、憧れつつも、ここに行くことが出来なかったのが今年の心残り№1になった。

なんどもシュミレーションはしたり、時刻表を調べ。あがいてはみたんだけれど…。







さて、今回は、これもギリギリ綱渡りのような日々の中で、なんとかできそうな時間の都合がついた!

キャンセル待ちのような時間の空きっぷりなので、顔もぼろぼろ髪は白髪だらけ、服も気にしていたら

もう、出かけられない!意を決して出かけたのである。もう、前進あるのみ!








どうしよう。

かなりドキドキするよぅ。

電車乗換られるのか?!大丈夫か自分?!









そして、お祭りよね?!きっと御祭りよね?という人ごみを通り抜け、乗換え、どうやらついに目的地の駅に。










ああ、お会いできる時間にはだいぶ間ががある。

まずは腹ごしらえ。(結局そこ?)

f0172925_21315041.jpg


15年ぶり。


f0172925_2216242.jpg

15年以上になるかも。

二葉の「ばらちらし」。

店を見渡せる壁際のちょっと高いところに(番台みたいなね)まことに粋な着物姿のおばあちゃんが、

ちょこんと正座して、お客に挨拶から、調理場への指示やらをしていた記憶…

言葉は全くうろ覚えだけれど、その姿がが実にお店に合っていて、若かった私は感激したのだ。

残念ながら、おばぁちゃんの姿はなかったけれど、お茶を出してくれるのは身内の方なのかなぁ。









熱いお茶までを美味しく頂いて、

そう。ここは神楽坂。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-07 22:13 | 出かける

行って来るのだ

f0172925_1094662.jpg

朝、学校で朗読をし、お届けものを一件すませ…では、行って来る!





さて、どこへ…
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-06 10:09 | 雑貨

あららら

f0172925_12402992.jpg


先週末、お付き合いのある出版社からメールを頂き、一両日中にラフを送ってくれ!

とのこと。一両日中?!んな、こっちの都合もあるのに…




なんとか、その日のうちにラフを送り、翌日にボツ!のご報告。

説明の通りには描いたつもりだったのだけど、担当者の更なる説明を聞けば全く使えない一枚であった。

で、週明けに再度ラフ送付。




したら、ラフ合格の通知が来まして、ああああ昨今のバイトの忙しさでこれからこの不得意な分野の

ペン入れを…と思って暗い気持ちになった矢先…。








「もう、ラフで結構です!これに手を入れて作ります!」










な、なに~っ!!










そんな話聞いたことない。確かにラフで終われば結構なのだ。手間はないし…。ありがたい。

でも、作り手、描き手として、ラフはラフであって、甘い線のところとか、ズレとか…

ようは、やっぱり気のいれどが違う下書きなのであった。

なんだか、気持ちがふにゃっとして、あれが書籍になるのか…(せっかくの表紙絵なのに…)

と言う、実にがっかり感がぬぐえないしょんぼりした気持ちなのであった。








でも、原稿料はしっかりと頂けるそうなので、それも、表紙カットなので今までの原稿料のおおよそ

20倍である!!おおおおおおお!(って今までの原稿料って銀色の硬貨だけどね)











そしたら、FAX付の家電話が壊れまして。ええ。着信できても会話ができませんの。ええ。

あぶく銭の原稿料はものの見事にパーですの。












その原稿料が入るのは来年の3月以降ですのよ。

あれれれーーー。


では、日銭を稼ぎに今日のバイトに行ってくるぜ!おっと、電話も買ってくる!
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-02 08:34 | 描くこと