<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ノロ式ダイエット

月末ですので、バイトに行っております。

で、カジュアルな服装でいいところなので、ジーンズもOKなのですが、

連日となると着ていく服装にも悩んだりします。

足元が寒い職場なので、そこにも一考が必要。


私がなんとなく抵抗があるのは、ロングブーツで仕事をする人が多いと言うこと。

社員だったら履き替えるのだけど、パートアルバイトにはロッカーがないので

みんな通勤してきた格好でしごとなのですね。で、ロングブーツ。

足元は確かにあったかいけど・・・そんな私も今あんまり足元が寒いので

見えないパンツの足元には靴下、そして、ショートブーツをはいて足首を温めているのですが・・・

それと、不思議なのが、巻き巻きファッション。書類整理に邪魔で無いかい?

というロングストールをオフィスで巻き巻き。巻ききってくれているならいいのだけど、

009?というくらいの流しっぷり。奥歯の加速装置が作動しそうでございます。

首元に巻くのが反対なわけじゃないです。でも、完全書類整理の事務職、冷暖房完備の

ビルの中、ロングに引っかかる私なのでありました。

こういうことが、「年をとる」ってことなのだと思う。きっと、頭がこれからどんどん

固くなるに違いない。きっと世の中には夏、ヘソやらパンツやらを見せて働く大人も

増えていくだろう。いちいち「冷えるわよ」なんて思っているといずれ、世間に居場所が

なくなっていくのだろうなぁ。






落ちていた食欲が回復の兆しをみせまして、今日は、コロッケなんか食べられるようになっちゃった

もんね。でも、あなた、引越でも2キロしか痩せなかった私の身体が、このノロで、一気に3キロ

ストンと落ちまして、減らす宣言をしたときから、ついに5キロ体重が減っているのでございます。

今回のノロは、食欲不振という加齢に伴う後を引く症状になり、おかげで、処分しようと思っていた

パンツが一本はけるようになったので、辛い日々にも少し褒美が出た模様。


さて、あとはこれを維持・・・・それが問題なんだよ。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-30 00:27 | ひとりごと

あなたのチャームポイントは?

こんな人間のクズのような私のことを心配してくれたアナタに幸あれ。

ようやく、うどん、おかゆ、はたまた、おやじ、おじや から脱却し、歯ごたえのあるものも

食べられるようになりました。おかげさまで、顔が一回り小さくなりましたが、秒速で

回復すると思います。

ここ何日か、おかゆのようなもののオカズって、とにかく最初は梅干、カツ節の王道一筋

だったのですが、ああ、お正月に親戚から年賀で貰っていた佃煮があったっけ!と思い出し

美味しく、有難く頂いていたところ、このようなものが。


f0172925_015187.jpg


チャームポイント・・・・

まさかの展開。まさかの質問。しかし、私にこの質問をされても全く答えが浮かばない・・・。

ううっ・・・貝にも負けている・・・と思った胃弱の中年女でございます。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-25 00:04 | 食べ物

皆様おかわりございませんか

新型インフルエンザの隣で寝起きしていたのにも関わらず、

全く大丈夫だったのに(あ、あれは若い人がかかるのよ・・・ともっぱらの評判ね)

今回、くらいました。

「ノロウィルス」です。家族1によってもたらされたのでした。

隣の席の子が、気持ち悪いと言って早退した夜発症。





しかし、これに最初かかったときはそりゃ、酷かった。あまりの吐き気に、夜間病院に行くのも

座ってられず、座席の足元に崩れる有様。そして、泣きながら点滴を打って・・・って私がね、

ええ。大の大人が。

それ以来、そこまで酷いのにはかからず、ましてやこのウィルスの存在も忘れていたのですが

一昨日、昨日、とすっかり打ちのめされました。

たまらない吐き気と、悪寒と、体の節々が猛烈に痛いのです。で、なぜか右手の薬指の付け根

とかもう、ズッキズキ。昨日は大寒なのに異例の暖かさだという話しなのに、湯たんぽを抱えて

震えておりました。




ようやく、今朝起き上がりまして、(でもまた寝ますが)おかゆくらい食してみようかと。

皆様、くれぐれもお気をつけください。ううっ。

f0172925_8291613.jpg

[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-21 08:26 | ひとりごと

ダイニングテーブルについての憂鬱

f0172925_1064485.jpg



ダイニングテーブルであります。実物ではなく、現状の写真を送って貰った。
これはi以前うちで使っていたローテーブル。
f0172925_10165643.jpg

タモ材の集成で、しかし、今度の家と色が合わないので、まず、
ウレタン塗装をはがし、(削る)色を食器棚にあわせて、塗りなおし(オイルステン仕上げ)
足をつけていただくという・・・リメイク

5万円なり。


このリメイクの話しは、家の建築にあわせずっと前からお願いしていたことだった。

でも、家の建築のほうが先に先にの流れから、見学会にも間に合わず、結局年末近く
になって最終的に仕上げや脚のはなしがようやくもたれ、迷いに迷ったあげく、
木の風合いを楽しむべく、「オイルステン仕上げ」でお願いしたのだ。

ダイニングテーブルなので、水拭きは必須。
ならばとツレはウレタン塗装を望んだけれど、つるっとしたプラスチックのようだった
以前のローテーブルのイメージがあって、木の感じが、枯れていく感じもまたいいかな
と思い決断。



そして、待つこと・・・・昨日、連絡があり
もっと艶をだすかどうか、ご判断いただき、再度塗装も致しますとご連絡を頂いた。

艶?

オイル仕上げでも、塗り重ねることで艶は出る。

しかし・・・予想は的中。







ウレタン塗装が施されていた。

今、直しますので来週末までお待ちを。

という連絡を頂いたまま、完全頭がフリーズしている。

なにせ、一度仕上げたものをやり直させるという行為は大嫌いなのだ。



ウレタン塗装だって、利便性をとったらこれにまさるものはなし、いいのではないか?!


うううううううう・・・・










あまりに悩んで、少し気持ちが悪くなっている。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-15 10:31 | 雑貨

だるま市(初市)

縁起物も大事ですが、食べ物も大事。

で、いろいろひやかしたり、並んでいる店を物色したり、市はやっぱり楽しい。

今年、一番並んでいたのがこれ。
f0172925_8225353.jpg

肉巻という代物。
宮崎県の名物なんだってね、って宮崎県民の方は「なんだ、しらねぇのかい?!」
って腰をあげるでありましょう。ごめんなさい。知らなかった。

ここ1件のみの出店というのも重なって、えらい混みようでした。
肉で巻いたおにぎりなのね。そりゃもう、美味しいに決まっていましょう。

しかし、あまりのさぶさに、並ぶ気持ちが萎え、写真だけあつかましく撮って退散。

焼き方に美学・・って、最近お好み焼きは四角いのか?
でも、ビッシリとパンパンにふくらんだこれを見ると立ち止まらずにはいられません。
ここでお好み焼きゲット。
f0172925_8375447.jpg



肉と卵アンドソバの2種類。
f0172925_8402145.jpg

家に持ち帰って食べたら、案の定、キャベツばっかり!超ヘルシー!
お兄ちゃん、ありがとう!アタシの身体を気遣ってくれて!(コレステロール高)

その後、チョコバナナや、クレープやら、老舗の魚屋さんの店頭で焼いて売っている
イカげそを買ったり(露店3倍の量!)


f0172925_8271588.jpg

寒い夜に、なんて白々した色合いの寒さ倍増の1枚。
ここもにぎわう、量り売りの飴屋さん。こう、大きくてグラニュー糖がまぶしてある飴屋さんは
わりとあるんだけど、飴だけでないのはここ一店だけで、子供達の順番待ち。

うちの家族は私にそっくりで、前に出られないタイプの大和撫子(おおうそです)見ているほうが
イラッとするほど順番になりませんで、ああ、オイルショックがきてもこの人種は決してトイレット
ペーパーを買うことはできないだろうな・・・と凍えながら思いを馳せる。

曽野綾子さんもおっしゃるとおり、トイレットペーパーには意地でも並ばん。
と思ってるのでそれでよし。なんだけど・・・って脱線しているうちにようやく順番になった模様。


f0172925_836747.jpg

昔家の近所にあった、おばあさんが一人でやっていた古い菓子屋。
昔は大店だったろう作りの店で、その片隅でおばあさんは、細々と菓子屋を営業していた。
古い木の梁、高い天井は明かりが届かず、薄暗い。通りから見てもやっているのかいない
のかさえも全く判らない。こどもだけで入るのには最初かなり勇気が必要な店だった。

私は母に願って、この店に入ってもらうように頼んだと思う。
店に入ると、お菓子のケースの方だけ、蛍光灯の灯りが映ってて、奥の上がりはなにおばあさんが座っている。
丸いガラスの地球瓶、ブリキで、上のフタがガラスの大きい四角いケースに、バナナの形をした、
黄色い綺麗なお菓子や、色とりどりの大きいジェリービーンズが、そこだけ光を放っているように見えた。
魅惑的なその色どりに私は心底魅せられてしまい、そこで、初めてこれを買ったのだと思う。

「これください」
と名前も良くわからず指差す私に、おばあさんが
「ビーンズね」と言って銀色のスコップで、ザラザラとすくい、袋に入れてくれた。



魔法にかけられたように買ったそのお菓子は、家に帰って食べてみると、脳天がしびれるほど
ただ甘いだけのお菓子であった。










きっと、魔法がとけちゃったんだね・・・・
























などとポエジーなことを考えたのは、あまりの寒さで脳みそが凍り始めていたのかもしれない。



























気がつくと、さすがDNA。

ワカサギがキラキラ光るものに吸い寄せられるがごとく、家族1・2揃ってこれを袋に入れてもらってました。



思い出が残るといいなぁ。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-13 08:50 | 出かける

だるま市

ツレの実家から歩いていく場所に、全国を回る一番目のだるま市が開催されます。
そして、その数日後に今度、我が家から歩いていく場所に2回目のだるま市。

今ではだるまを買う人、値切る人、そしてご祝儀の三本締めなどはあまり聞かれなく
なりまして。
私が小さかった頃は、頭のねじりハチマキに一万円札をビラビラ~っとはさんだ
おじちゃんが、独特のだみ声をあげて、人を寄せておりました。

今はいたって静か。店も少なくなっている。
だからといって、大きいダルマを買うかというと、自分でも買わないわけでね。
それじゃ、嘆く資格はないっつぅ訳であります。
今は、ただ小さいダルマを買い求めつつ、この行事が途絶えないことを切に願うのでした。
f0172925_16345863.jpg









f0172925_16351091.jpg

こういうお飾りも、少なくなっている。
でも綺麗だなぁ・・・
















そんな昔の祭りの賑やかさへの郷愁をかみしめて歩いておりますと


・・・そこにヒーローが!!




えええっ これを買うの?!本当?!




















おもわず、このおじさんに付いて行って(迷惑)撮った写真がこの一枚。







f0172925_16352386.jpg






こんな豪勢な福のおこぼれが、皆様にもありますように。









(少なくとも私はこの熊手にかき集められた人の一人になりました)
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-12 17:08 | 出かける

牡蠣のミルクスープ

f0172925_12313855.jpg


先日かあちゃんところでみた、牡蠣のチャウダーが頭から離れず・・・

手元にある材料で近いものを・・・と作ったのは

大昔の「暮らしの手帖」の別冊「おそうざいふう外国料理」を参考にした

「牡蠣のミルクスープ」。

私はこの本が大好きで(作る作らない、といえば作らないんだけど)ただただ眺めるのが好き。

残念ながら、全部がカラーでないので、そこは想像力だけど。

もう一冊「おそうざい12ヶ月」というものも出ていますが、これも料理本のバイブル。

うちの母がここに、また書き込んだメモをはさんでいたりして、よく作ったところは、調味料が

とんだ小さいしみがあったりして、こうなると、堂々うちの本になる。

雑誌の別冊で沢山料理の本はでているけど、こういったハードカバーならではの

楽しみってやっぱりあるなぁ。

説明の語り口がまた、よくてね。コタツに潜り込みながら、本を眺め、

「これ一つで十分なおもてなしの一品です」といわれる、そのおもてなしのシーンが(私ではない)

浮かび、奥様はワンピースで、カーラーで形作った内巻ボブにつけまつげ。

若い時分の鰐淵晴子のような・・・・と妄想が膨らむのであった。


かくして、白ワイン抜きの、きっと基本とは違った味のものではあろうが、なかなか美味しい

ものが出来上がった。




がっしりと食べ応えアリでございました。






さて
昨日の洗面所の話。

扉開ける前。
f0172925_1232105.jpg


扉開けた後。
f0172925_12325791.jpg

午前中でこれだから、昼間はまぶしいくらいの光。


これから、手洗いの脇におくカゴを探しに行ってまいりま~す^^
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-11 12:34 | 食べ物

ささ、手を洗って・・・

f0172925_82719.jpg


玄関入って直ぐの右正面に、手洗いがあります。

この日にはまだこんなだった・・・。

ここは洗面所と言ったものの、歯や手は洗えても顔が洗えません。
なぜなら・・・

鏡下にせり出した板が邪魔で頭が入らないのです・・・おお

この鏡も最初は鏡だけで、中が収納ではないパターンだったので

もっと奥に引っ込むはずでしたが、食事後の歯磨きなんかもここで

することもあろう・・・洗面所にはなにかと備品が必要では(洗面できないけど)

と思い、鏡の後ろに収納の部分をつけてもらったわけです。


結果、後から考えれば、もう少し鏡を小さくしてでも、顔が洗えるような

作りが良かったなぁ・・・と後の祭りのどんひゃらら。


おまけに、鏡に向かって右手に(この写真では見えない)位置に電気のスイッチが

あるのですが、やっぱり、玄関から見える位置に、タオルがだらり・・・というのが

なんとも避けたいことだったのに、タオルハンガーをかける場所が無くなってしまい、

今ヒジョーに悩んでいるところです。小さいカゴを置いて、ハンドタオルを置いておくか・・・

ペーパータオルを来客には使ってもらうか・・・でもそのためにはクズカゴを置かねばならぬ・・・・

ううむ・・・・



灯りは手元の見えない部分に蛍光灯を、上にダウンライトを仕込んでありますので、

十分明るいのですが、電気をつけないと一日中真っ暗!!の場所。

唯一、まぶしいほどの明かりが差し込むのは、トイレのドアを開けたとき。





だからって、トイレ開けっ放しができるかっていうと・・・そりゃ、できない。

ああ後の祭りのお囃子は続く~ドンドンヒャララ~ドンヒャララ~
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-10 08:09 | 家作り

いらっしゃいまし

f0172925_964542.jpg



がざねさんから、その後をアップせよとのご指示を頂き・・・

重い腰をどっこいしょと持ち上げる。

引越が終わったものの、未だ片づけ中で、実は写真を撮って絵になるところが実に少ないのであった。

テーブルもまだ来ていないし・・・



で、写せるところは限られますが。玄関です。これ、写真の妙で奥行きがあるように見えますが実際の

感覚はほぼ半分くらいです。70~80センチというところでしょうか・・・。

前住んでいた団地の玄関は奥行きも幅も1メートルもなく、おまけに靴箱もミニマムなものだった為、

玄関にはいつも入りきらない靴が何足か出たままで、ある日、突然の来客がこの玄関を見て

「先客がいらっしゃるようだから・・・」

と言って帰ったほどなのである。



だから、靴が仕舞える玄関がほしかった。ならばばら広い土間のような玄関が。

しかし、この施工会社の例を見ても今我が家の玄関はとても小さい部類に入ってしまうほどの広さに

落ち着かざるをえず、幅は(前より少し)広く奥行きが極端に狭いと言う不思議な玄関が出来上がって

しまった。ええい、これは玄関のギャラリーでよし。と腹をくくった新年を飾ったのは、引越には「南天」と

義両親が切り取って持ってきた夫実家の南天。そして、義兄の家にあって、私の母が譲ってもらった

ものをまた、私が借りた新潟県佐渡島から渡って来た酒瓶。そして、私の実家から貰う(実家では売っ

ているのよこれ)凧。


f0172925_9145785.jpg




気がつけば、母が南天の枝を数本切り落としており、正月に帰ってきた義兄が酒瓶の向きを

変えていた。手のかかる親族を持つと皆無言で、勝手に手を掛けていくという・・・の巻。




あ、母から、そのマットはどうにかしろと言われていた洗面所の足元のマットが残ったままだった・・・

明日は洗面所。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-08 09:17 | 家作り

1Fトイレの照明

なんたって我が家の一番の場所は1Fトイレに違いない。
日中は南の日差しがカタガラス越しにサンサンと入り、(隣の玄関は隣家の影で窓はあるのに真っ暗)
夜にはこの照明である。はなっからタンクなしのトイレがパックされていたので、掃除も楽というのが何より。

でも、みんな口をそろえて、
「勿体無くない?この照明・・・トイレじゃぁ・・・」
f0172925_23432241.jpg








実はこの照明は気に入って、階段用にリストアップしておいたのだけれど、施工会社が寝室にと
提案。しかし、寝室には婚礼ダンスが入る予定だったので、付ける壁がなく回りまわってトイレに。

計画性の無さに少しぼうっとなるけど、気にしたら生きていけないのよ。

さて、これから、脳の隅には記憶していたカットのラフの締め切りに突入いたします。
初仕事初徹夜。鉄也・・・勝海舟役か・・・などとふざけたことを言ってる場合じゃございません。

よっちと書いて、計画性のかけらもなし と読む。



新年早々これです。



皆様、長い目でお付き合い下さい。


あああああああああ・・・・寝たいよぅ。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-04 23:43 | 家作り