<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

後が大事

f0172925_1821338.jpg



ほとほと疲れて仕事から帰ってみると、固まらない謎の発掘ゼリーを作ったそうで、

ツレがなぜかな、なぜかなと冷蔵庫のチルド室を指してのたまっている。

ゼラチンが無かったので、実家で粉寒天を貰ってきて作ったのだけど・・・

中に入れる発掘物は固まって(味の薄い板状の寒天)いるんだけど・・・

周りがちっとも固まらないのだと。

いろんな形のブツを発掘しながら食べると言う、子供雑誌の企画ページにあったらしい。

ミルクゼリーの上にオレンジのゼリーが固まるはずが、その二つが液体のまま

なにやらどろどろとして、写真を撮るのもお見せするにも、何とまぁ、

疲れが倍増どころか数十倍にのしかかるような代物でありました。



おまけに、実家の母の持たせた寒天は賞味期限が2003年であった。

まあ、粉寒天だからいいけど。(ってよくない?)

リカバリをして欲しいとのツレの申し出で、トライするも結局最初から作り直し。




今から後始末・・・・ああああああああああああ。

鍋やら、ボウルやら、計量カップやら・・・・こんなことをなぜ、今日に限って・・・・・・・・・







さて、先日撮った写真をこれからセレクトして、媒体に落とし、プリクラザイズの一覧にして

担当者に渡すのだ。明日はまた、家の打ち合わせだ(先日の打ち合わせは休みなしで5時間にも及んだ)。

夜は秋の祭りに向けての会議である。そして月曜日からまた仕事である。

洗い物を前に今、少し泣いている。

そういえば
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-26 18:32 | ひとりごと

着工30日目

屋根はどうなっているのだろうねぇ

いつ葺くのかねぇ・・・





などと話していたら、

f0172925_1743346.jpg

出来上がっておりました。
どうやら、とっくに出来上がっていたもよう;^^
ツレが足場を登って撮影してきまして、ようやく見ることができました。


ガルバニウム鋼板でございます。この屋根じゃ、ギターは弾けないよ。
うちの屋根の構造上、瓦、オークリッジプロ(アメリカの屋根材で、熱で溶けて固まるんだって)
と言う話もあったのですが、うちの屋根の勾配から、この素材になりました。
そうですね、一言で言うと「工場」。
雨音がうるさいのじゃないかなぁと思うんだけど、断熱材を天井裏だけを少し厚く変更しました
ので、断熱材にいい仕事をしてもらいましょう。

家の周りに青いビニールシートが張られました。
屋根の下から見える白い紙みたいのは防湿シート。

いよいよ工事中!ってかんじです。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-25 17:55 | 家作り

ぶだう

えっと、あちらこちらで葡萄の記事を読みまして、
おまけに親戚から頂いたりして、すっかり葡萄モードに突入した私。
こうなりゃ、今回のシルバーウィーク遠出の予定も全く無し、近場で
ぶどう狩りだ~!!と決意して、ちょっくら出かけてまいりました。

それでも、高速を450円分(行きだけ)使います。
こちらの葡萄園は棚が低く、見上げなくても葡萄をとることができます。

f0172925_805139.jpg



うほほほ。
f0172925_7595629.jpg


私は、皮ごと食べられるこの赤いのが好きです。(どこまで面倒くさがりなんだ)
f0172925_833629.jpg



入園料は無料で、5~6種類の葡萄を試食して、その中で自分の好みの葡萄の棚に
行って、はさみでチョッキンと。そしてキロ単位のお値段でお支払い。
合計3000円ほど葡萄を買い取りました。重い。


帰り道は秋、秋・・・


リンゴは赤く、イネは刈り取りを待っています。
f0172925_835976.jpg


f0172925_842051.jpg





葡萄は試食だけだったので、まだお腹が空いている。
で、ここ。

群馬県沼田市のほたかやさん
f0172925_865591.jpg

もちろん、その場で焼いてくれるわけです。
じゃーん。
f0172925_8264117.jpg

f0172925_831588.jpg

大きいのと小さいのがありますな。



大きいのは・・・あんこ入り。甘いんだか、しょっぱいんだか・・・・想像を超えるあまじょっぱさ。
お饅頭じたいが美味しいのだね。
f0172925_854570.jpg


こんな変り種も。
f0172925_861053.jpg
f0172925_86264.jpg



焼きまんじゅうって知名度がないので、知らない方が殆どだと思いますが、
酒饅頭の皮にみたらしあんでなく、甘味噌ダレ(そのお店によって違います)を
つけて焼いたもの。中にはみたらし風にタレをかけるだけのところも。
お店によって全く違うので、今後ご紹介していきましょう。

こちらの焼きまんじゅうは一個一個がぎゅーっとくっついていて一個づつ食べるには少し離し
辛いけど小さめなので食べやすいです。お味はタレがほんの少し焦げ始めという感じ。
お饅頭は、ふんわり、でもしっかり食べ応えあり。

焼まんじゅう(1本)/210円(税込)
あん入り焼まんじゅう(1本)/300円(税込)

ちょいと高めかなと思ったけど、お店でいただくとお茶と野沢菜の漬物が一緒に出てきました。
持ち帰りは150円になります。これは一般的なお値段。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-24 08:36 | 出かける

2階のレポート

1階のレポートした後、登りました。ハシゴ。
で、ついに2階に到着。

ここは、2階に上がってすぐのフリースペース。
私の構想ではアトリエですが、家族が自由に使える共有できる場所になりました。
ここは南の窓側に造作で長テーブルが。
西の窓側にはベンチを。両方とも長い板を張ってもらって作ります。
これで、ミシンは出しっぱなし、ここに作業台もプラスするつもりなので、
描きかけのものを出しっぱなしにしても大丈夫。片付けなくてもご飯がたべられるんだよぅ・・泣

ま、スペースは4畳半。廊下を廃して作り出したスペースなので、部屋というよりコーナーです。
冷暖房は隣の寝室から貰うのか・・・・暖房はフォトンをゴロゴロ持ってくることになるでしょう。

2つ窓があるのが南です。私としては、この窓の位置がちょっとひっかかるのですが・・・
耐力壁のからみがあると思われます。

南いっぱいに総2階の隣家が控えている我が家は片流れの屋根で、南の採光をとります。
なので南の天井が高い。建築屋さんのアドバイスでトップライトをつけました。
夏の熱い空気をここを開けて逃がす目的もあります。(しかしここからの日差しが半端なく暑いよね)
f0172925_2050462.jpg


f0172925_211272.jpg





目線を左に移しますと、ここは東側(道路側)になります。
ここの左側は風呂場、洗面所、トイレ、になり洗濯機もここに設置。洗濯したあと、バルコニー
に出て洗濯物を干すと言う段取り。

右側は寝室でございます。婚礼ダンスとサイドボード(結婚時に購入)が入るともう、ギュウギュウ。
今はまだ家具が無いのでスッキリしてるけど・・・
f0172925_20384365.jpg


ここはユニットバスが入ります。1階の台所の上になります。
お風呂場に日が入るのが望みでした。(今の集合住宅、お風呂場とトイレ窓無し)
f0172925_20563421.jpg


なんとかギリギリ作ったWIC。ちっちゃいです。あはは。
f0172925_2114485.jpg


そして家族の部屋。
f0172925_2131177.jpg



既に持っている机2つ。クローゼットを真ん中にして配置します。
クローゼットの両脇を凹ませて本棚にするという設定。


さて、明日も打ち合わせでございます。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-22 21:05 | 家作り

青空の下

f0172925_20495743.jpg




心配していた天候にも、恵まれて、子供たちの歓喜の声、大人の歓声が響きました。







思いがけず、腕章をはめて撮影に参加。撮った枚数は1000枚程。

今物凄い筋肉痛。
ほとんど片足に体重をかけ片膝をついた姿勢で撮影、一日たった今も右足の人差し指に
痺れが残り、全く感覚がありませんことよ。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-20 20:53 | 出かける

重箱の隅をつつく

昨日93代目内閣総理大臣が決まったわけです。
来る人、去る人、それぞれの映像がメディアに流れております。
面白いということでなく、歴史的な瞬間!!と騒ぎ立てる気持ちも無く
それでも、いろいろ感慨深く拝見させていただきました。




昼の時間特集でテレビ番組をやっておりました。
かなりの期待を背負ってスタートするこの政党のやることを興味深く見ていきたい・・・


などと言う当たり前のことを言うつもりではなく、


幸夫人のお顔がヒラリーに似ているなぁ・・・などと何度も思いながらいると
そうとしか思えなくなってきた・・・・などと言うことを言いたいわけではなく。




この番組のコメントをする昔政治家だった評論家がね、

「この歴史的瞬間をめのあたりにして・・・」

とか、

「小沢代表が20年前に仕掛けた爆弾が今、花開いたわけで・・・・」




などとおっしゃる。

いや、何も私が正しい日本語使うわけじゃないけどね。
つまんないことだけどね、爆弾はどうよ。

ジェーン・バーキンのAung San Suu Kyi の映像を観たばっかりだったから
どうも気になってしまったのかな。










子供の頃から思ってたことがひとつだけある。なんで、選挙のたびに、ひとつが上がると、
他方が、戦い、つぶすと言うのか。昨日の特番でも、もはや与党所属となった老獪な議員が
野党となった議員のキズや弱みをあげて、これなら簡単に攻撃できると意気揚々と
語っている。こんなことを、このような結果になってもまだ、なんの疑いも無くおっしゃる
その神経が全く理解できん。この方々は政権奪回のために全力を尽くして的外れなことをして
いくのだろう。今回の選挙の結果はあまりにも極端だったから、振り子の原理で次は今度の
野党も厳しい立場になろうとは思うが、今回の結果がどういう意味なのか、ただ、元総理の
せいにばかりしているその態は見るに耐えない。ガキの責任のなすりつけ合いだ。

政権、政権、でなくて、なぜ、国を良くするためにどの立場からでも尽力していこうと言わないのか。
と、小学生の頃テレビのニュースを見てからずうっと思ってた。この人たちは、自分しかみて
いないなぁ・・・・政党の意味も知らないレベルの小学生は考えていた。

もちろん、政策を実行するには数の力だ。政党が必要だ。そりゃ判りますとも。選挙権持った今。

でもね、いまだ何度選挙を経験しても納得がなかなかできないオバサンになってしまった。






どうか、なるべく道を踏み外さず、よい国になっていく舵取りをして欲しい。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-17 15:01 | ひとりごと

着工16日目

外見がすっかり箱になりました。
あんまりにも早くてオドロキ。

えっと、まだ着工2週間ちょっと・・・さすが2×4プラモデルだ。

中に初めて入ります。
うわぁ。ドキドキするなぁ。


f0172925_7574839.jpg

玄関入ったとこ。ここは壁や、洗面所が来るので、こんな風におくまで見渡せるのは
最初だけ。図面ではわからなかったセマさの玄関にだいぶ落ち込む。




f0172925_758580.jpg

気を取り直してまいりましょう。
うちの間取りは、玄関開けるとすぐ台所です。台所はフツー(最安値)のキッチンを
上吊収納無しで、特にこだわった訳でなく、いつの間にかアイランド型の設置。
換気扇は天井から吊るされます。手元が見えないようにカウンターができますので、
これはその枠組み。
これを撮ったのは朝なので、外から見えた2つの横長窓からの光が床に来ております。
写真正面の窓は北に面しております。ここの面3メートル60センチが、作業スペースと食器棚に。
左の床に段差がありますね。そこは冷蔵庫が入る予定。

実は台所の床が落ちているのは、この上のところに丁度お風呂場になるので配管の都合上
天井がだいぶ低くなるのです。で、床を下げたというわけです。






f0172925_7583640.jpg

ここは和室コーナーになるべくの場所。南に家があるので(将来もがっちり建ちそうな)
窓は南なのに小さい。和室は暗くてよし・・・としたのだけど・・・。
ありゃ!窓の位置が違ってる!!

ここは床が40センチ上がりまして、床下が収納になります。
で、その床から窓が付くはず。・・・・つまり天地が逆になったのだった。
西も結構明るい。今は朝でございます。





f0172925_7585194.jpg

そして奥は、リビングと階段です。階段はまだ付いてないね。
リビングは隣に家が建っても明かりが確保されるように、北面にひいて作られています。
つまり、我が家は6の鏡文字のような形の総2階。おまけに1階には玄関とリビングの
間にしか仕切りの無いワンフロアでございます。





上で職人さんが作業中。私皆様もご存知の高所恐怖症。このハシゴは上れませんので、
2階のレポートはまた後日。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-16 08:15 | 家作り

ああ、物欲のカタマリ

このところ、照明器具をネットで探したり、図面とにらめっこしたりしている。

で、お疲れ気味の気分転換、最近覗きもしなかったヤフオクをちょっと・・・

いえ、いえ、買ったわけではないのですよ。

でも、どうしても気になっちゃって。

これ。

f0172925_13154214.jpg



ほら、なんか動き出しそうじゃない?!何なんだ?

でも、なんだか可愛くって気になるのだ!

ロシアの絵本にあった昔の古いストーヴを連想させる。

ここに集う人はきっとニヤリとする品だと思うのだが・・・・
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-10 13:17 | 雑貨

3年生への朗読

今回、「よっちさん、何年生のクラスに入ります?」
という選択の自由があり、高学年に挑まねばならぬころかのぅ・・・と思いつつも、
最近ご存知の通りあまり余裕がないもので、

「・・・・3年生でお願いします。」
という根性なしのアタクシ。

この学校の3年生はノリがよくて、読んでいる側もリラックスできて、読みつつ、
伝わってる?あ、ひいてないか?などという焦りをあまり感じずに自分も楽しめる
ので、ついつい選んでしまうわけだ。

しかし、今回は、またまた学習して、自転車を思い切り漕ぐと読み始めの汗が
半端ないので、大判ハンカチは勿論のこと、自転車を、ゆーたりゆーたり漕いで
風が気持ちよいのぅ~というスピードで、尚、学校についても15分は余裕を持つ
という行動パターン。おまけに、周りのお母さんはキャミソールにカーディガンという
あるいは、チュニックという、肌寒いときは便利だけど、いざ、脱ぎたいけど脱げない・・・
(キャミソール1枚になる勇気を持ち合わせるには、気合のはいった二の腕が必要だと思う)
というジレンマで、流れる汗をふきつつ、服をバタバタさせつつつ・・・その行為が既に
暑さをましてしまう展開。涼しいところでは品がよくお洒落にしてられるが、その
行為を集団でしているのがまたなんとも可笑しい。

ここいらの方は車で行動することに慣れているから(学校は車での乗り入れ禁止)
朝の限られた時間で、自転車を漕いだり、駆け足でくると、思いがけない暑さに
皆、ばさばさ、バフバフ、と服に風をいれる騒ぎになるのだよ。

この日もすこうし肌寒いのを覚悟して、Tシャツで向かって大正解であった。
見た目はおしゃれとは程遠い、野良着である。
でも、家族の心情的には、複雑であろうな・・・と気の毒にも思っていたりして。ははは。





ま、暑さ対策にも念が入り、今回は、滑り出しも快適な時間になったのである。


で、今回の一冊は・・・内田 麟太郎著 伊藤 秀男 画 『うみのむにゃむにゃ


前回の『やまのむにゃむにゃ』に続く1冊。
この伊藤秀雄さんが描く、赤い色の美しさよ・・・。絵の大胆さに比べ、この色彩の選択の
繊細さは凄い。夕焼けの海に思いを馳せる。


選択が安易かな?とも思ったのだけど、ちょうど夏休み明けの最初の朗読の時間
なので、休み中に海に行った子供も多かろう・・・と思って、子供たちと、まず、簡単な
夏休みについての言葉のキャッチボールをして、始める。


登場するのは、今回もどんばらたぬき、イタチ、そしてじいさん。
このじいさんが海で釣りをするのだが、釣りあがる大物をどんどん、どんどん、
海に返す。さて、じいさんが釣りたいものとは一体・・・・?


前回の「やまの・・・」より、この作品のほうが、子供たちはタヌキとイタチと同じ
立場になったらしく、突っ込む言葉も教室に沢山のタヌキとイタチがいるようで
なかなか楽しい。驚いたり、喜んだりが、一緒の波になる。

そして、最後の展開には、またまた

『え~!!なんなのよ~(絵本を読むとこのリアクションが判る)』

実際、この最後の展開を面白おかしく読むと言うのは、相当ハードルが高くて
私がこの本を選ぶのに最後まで迷ったのは、この結末の展開が、私の「朗読」
の技術ではたちうちできないものを感じていたのだ。

ほら、伊藤四郎さんが言うじゃない
「笑いが一番難しいんだ」



心配も案ずるより・・・で、子供たちは楽しめたようだった。いや、実はホント、
自信が無かったんだよね。


勝手な採点
読みやすさ・・・・★★★☆☆
面白さ・・・・・・・・★★★★☆
子供人気・・・・・★★★☆☆
ボリューム・・・・・10分くらい。

主人公が画面の隅に豆粒くらいになって登場するシーンがあったりする。
聞き手を近くに集めて読んだほうがいい。

ダイナミックな展開に、子供も思わずのめりこむシーンがあって、子供の反応がわかりやすい。
結末の読み方で決まるといってもいいかな。さて、あなただったらどう読む?
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-09 08:26 | 朗読またの名を読み聞かせ