<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

昨日のランチ

f0172925_9482185.jpg



月末なのでバイトに出かけ、同時期に入ったバイト仲間と初めて外ランチを。

バイトの時給では昼が食べられないので、次は2ケ月後にする?といって笑ったのであった。

このワンプレートランチは850円也。ドリンクバーをつけて1100円。

うーむ・・・・このハンバーグいらないから、アイスコーヒー1杯突きで850円がいいと思うんだよなぁ・・・。

これでは客が少ないのも当然なのである。(ここはもう使わない)





さて、減らすという決意をしてから、1週間は経ちまして、私としては相当摂取量を調節しており

夜ご飯の炭水化物と脂質はまるっきり絶っております。

が、

減らないね~(って、それだけ昼に食べているという説・・・それが正論ね。まったくもって)





で、太るってことは、消費量より食べすぎなわけで、それを減らすには当然食べなければいいの

だけど、それでは、リバウンド間違いなし。ストレスたまりまくり。やはり筋力をアップしなければ

代謝はあがらない。この低燃費の身体、高利回りで経済的には優等生のゴールド商品なのに・・・。

でも、このナマケモノ、キツイ運動は続かないのを己が一番良く知っている。




なので、まず、腰回しと人間雑巾絞り体操(gooであっぷされていたよ)を朝晩取り入れてみて

続くようなら増やしていこうかと。

最初っからキツイのやって何度挫折したことか。

あ、あと1回につき20回噛むのよ食事。これが私には最大の難関かも・・・。


[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-31 09:47 | 食べ物

く、悔しい・・・・

ここ2日ほど留守にして、ハンドルを握るのも眠さとの戦い。心底疲れきって、

後300メートルくらいでもう家。渋滞の国道を右折するタイミングを計っていた、

まさにそのとき、前から、惹きこまれるような水色が私の目を捉えた。

バッグの中から慌ててカメラを取り出し、向かってくるその物体を納めようと

必死にがんばったにも間に合わず、手元に残った映像は、問題の物体の後方を

走ってきた全国に1億台はあろうかという黒い軽自動車であった・・・・・・・。


がーん

ぢぐじょー!泣







せめて、メディアに登場したその物体を皆様におみせしましょう。


これ


全国3台だってよ!アタシは見たのよ!!
[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-27 19:09 | ひとりごと

「冷し」を試す

家族2の髪が伸び、洗うにも乾かすにも時間がかかり正直、鬱陶しい。

嫌がる本人を説得して、向かう先は町内の理容店・・・つまり「床屋さん」

性別は女子なので、なぜ床屋さんか?という疑問をお持ちの方にそのたびに

説明するのは決まり文句の「跡継ぎの看板娘が小学校からの同級生なんです~」である。



S町小町のMちゃんが跡を継ぐ、こちらのM理容店は1階が理容、2階がMちゃんの

お姉さんがやっている美容院という構成で、まことに完璧な家族経営である。

効率がよいことこのうえなし。

ちびっちゃい頃から通っているので(私は子供のおかっぱが大好き)あるが、

長くして縛り始めると何ヶ月もそのままになって足が遠のいてしまう。ごめんようMちゃん。



本日、予約もなしに、「こんちわ~」と訪ね、早速世間話に花を咲かせ、カットを依頼。

今日は比較的涼しいねぇ・・・などといい、お互い天気の話するようになっちゃったねぇ

なんて止め処も無く話し始める。そして、店に入った時から気になっていたこれ。

f0172925_23572144.jpg


してみる?の一言で、思わず私してみる!と言いそうになったメニュー。

都内ではカキ氷をシャンプーに混ぜてするところもあるらしいけど、こちらは冷蔵庫で

冷えたシャンプー(好みで氷でキンキンに冷やすのもあり)で髪を丁寧に洗いあげ、

最後に冷え冷えのローションでマッサージもしてくれるわけ。

ほら、こんな夏仕様。
f0172925_0232559.jpg


勿論家族大喜び。私も羨ましく眺めておりましたその時!

目に入ってしまった

f0172925_01259.jpg


ん?

「M、これ、男子専用?」

「違うよ~」

「やってみてもいい?」

「勿論!」





彼女はいつの間にかエステシャン学校に通い資格を取得したのであった。

なんと勤勉な看板娘。

「他にもできるの?でもメニューないよ店にさ?」

「裏メニューでございます」

床屋の裏メニュー・・・それはリフトアップとアンチエージングコース2000円なり!

アメージング!!





しかして、今回は、人生で生まれて初めて人様に顔を洗ってもらう経験!!

(ま、後、30年もしないうちに身体のどこを他人様に洗われているかわかったもんじゃないが)



床屋さんの椅子に今度は私が腰掛け、倒したシートにゆっくりくつろぐ。

まず優しく化粧を落とし、蒸しタオルでふき取り。

それからなにやらジェルが塗られ、

そして、プシュプシュの泡が顔中にのせられる。

顔の上であわがシュワシュワはじけていく感じ。

その後、何度も蒸しタオルでふき取り

こんどはオイルで丹念にツボマッサージ!(顔には15箇所の大事なツボがあるらしいですよ、オクサン!!)

ここら辺で、意識を失いそうになりながら、

蒸しタオルでふき取ってもらって、現実によびもどされ、

そして

「夏季限定の冷し いきますね」

冷た~いタオルが顔に!!

「`Q#X★△∵w8?☆!! ひぇ~っ!!」(洒落じゃないんだよ。)

最後に化粧水で完成。夢心地はおよそ20分。そしてワンコイン!







モッチモチでツッルツルのテッカテカの顔になったワタクシ、笑顔全開でM理容店を後に致しました。








さて、今回はアイドルタイムと言うべき、貸切状態でしたのでリラックスしまくりだったけど、

お兄ちゃんとかオジサンが隣にいたらやっぱしお互い非常に恥ずかしいかもしれん。

Mちゃん、カーテン1枚あるとメニューが名前の通り立派な「秘密の裏メニュー」完成だ。

また必ず行くからね。







いつ行っても和むこの待合の椅子からの風景
f0172925_0222972.jpg

[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-24 00:25 | 出かける

減らす方法

ある日偶然つけたらやっていて、意外にも面白くて見入ってしまうというパターンで

この番組を。

家事の全般が苦手な主婦に、スーパーカリスマ家事の達人がばんばん物を捨てたり、指示したり

課題を出したりするものと、いわゆるファッションチェックもの。もうひとつは料理番組らしいのだけど

それは観ていないので、ごめんなすって。


で、両番組の面白いところは、スーパーな人のアドバイスより、アドバイスを受けている人を

「ああ、海外にも、こんな仲間がいるのか!」

という、同じ種族を発見したにやりとした笑いなのである。






いわゆる日本のファッションチェック(なぜワイドショーのファッション評論家ってみんな似てるの?)は

お洒落はいいことだけど、なんだか非常に空しくなってしまうのは私だけかい?チャンネルを回す絶好の

タイミングになってしまう。




前に、読んだ横森さんのコラムで、ハリー・ウィンストンの話が載っていて、

「ジュエリーに興味がないという方は、本当のジュエリーをご覧になっていないのです。」

と言われたというような下りがあって、それは至極、説得力のあるものだった。




いずれにせよ、この番組で、ティム・ガンというその道のプロ中のプロのおじさんが(結構スキ)

「その服は君の魅力を引き出すのに値するのかい?」

というようなことをおっしゃる。

欲しいラインの服・・・見直す時期かなとも思う。


[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-23 10:57 | ひとりごと

減らす

来るべきXデーに備え・・・

減らすことを決意し、実行の夏であります。






今ダンボールに家族の小さくなった夏物衣料から詰め始め、これから、大人の衣料に

とりかかるところ。そして、器の類も見直しはじめることにした。

そして、何より、減らさなければならないのは自分の「体重・体脂肪」

これ以上この体型から目を背けてはいけない。

久しぶりに里帰りをした姉に驚かれたこの腹部。

横になったとたん、流れるプールならぬ流れる腹である。

いかん。これではいかん。







と、いうことで体重は公表する勇気がないので(いや、私にもまだミジンコほどの恥じらいが)

体脂肪だけ公表いたしまして、本日からダイエットに入りたいと思いまする。

バナナだの置き換えだのじゃなく、こころして動くようにして、摂取量を控えめにする、

私は想像に固いと思うけど、食べるのが物凄く早い。まずこれを見直すという初歩的な

ことから始めまする。

実際、太った身体のために洋服買い換えたり、いかに痩せて見えるかだの、これなら入る!

だのいう行為にはもう、悲しみを感じるのよ。デパートのエレベーター、油断していると目に

飛び込む己が姿に脂汗。ね、あの鏡は横にゆがんでいるんでしょう?そうでしょう?

え?思ってたこと、貴女もあり?あと、ショーウィンドウも曲者なのよ!!!



ま、世間から目を背けても、我が家の食器棚のガラスからは目をそむけられない。








やりますよ。はい。








初日体脂肪・・・・・29.5%
BMI・・・・・・・・・・・23.3


[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-21 07:53 | ひとりごと

やめられないとまらない~♪

過日ダンボール箱に沢山、美味しいものが入って送られてきた。

端から端まで、隅から隅まで余すことなく頂いている毎日。

そして、何が、この歌を歌わせるって・・・

f0172925_1154977.jpg


これなの。

ちょうど家庭教師のある日、ドリルの手前に盛ったこの「やめられない」は

中2男子の心もとりこにし、もう、シャーペンなど持つ間はないのである。

次から次に摂取。そして、味の講評会。

この色が美味しい、だのこの色は梅干!だの。

なかでもインパクトがあるのは姿をしたイカ。そして緑も鮮やかなパンチの効いたワサビ。

これぞエビセン。

もう、この歌はこの袋が終わったら封印よ。

f0172925_11541824.jpg

[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-20 11:59 | 食べ物

夏祭り・七夕にて 終わりの巻

あ、暑い・・・こちら、本日37.6度を記録致しました。
日中、暑さの中飲んだ分だけ、体から汗が出て行きます。
で、顔を洗い、タオルを首から提げ、完全今年もおじさんの態

日に何度も顔洗うもんだから、スーパーに出かけるのにUVも何にも忘れてて、
スッピンのまま、駐車場でジリジリと焼き出され、こうやって汚くなっていくのだなぁ・・・と
悟ったわけであります。


思いがけない再会に口角を上げつつ、露店をひやかしながら歩く帰り道。


スペシャルドリンクって書いてあってね、これ。確かにスペシャルなんだけど・・・
f0172925_2217365.jpg


一番美味しそうだったのが、これ。
f0172925_22175183.jpg


で、定番の「ママゴトセンター」きっと、このおじさんが、日本中を回っているんだろうなぁ。
きっと、あなたの街にも。
f0172925_2244374.jpg

[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-15 22:30 | 出かける

夏祭り・七夕にて30年ぶりの・・・

f0172925_9554647.jpg


七夕に行ったのに、あまりの混雑で、写真を撮ることもできなかった・・・

これではなんの祭りかわからん。

さて、その日私は家族がビーズ細工の小物を見ているのを後ろから

そのカッパはいい、とか、このライオンの細工は素晴らしいだの言っていた。

そこに、うちわで人の肩を叩く人物がいる。





「よぉ・・・」




振り向いて私は飛び上がらんばかりに驚いた。





金色の目に、でかい金属をはめ込んだようなピアスのお世辞にもガラのいいとは言えない

風体の男性である。





30年ぶりの同級生再会の図だ。





彼は中学の2・3年の時に同じクラスだったM君だ。

高校に行ったかも実は定かでは無い。怪しげなウワサもないことは無かったが、もっと人はずれた

ようなウワサがある人物もいたので、気になっていないわけではなかったけれど、いつしか消息は

それ以上ささやかれることも無くなった。



中学生の頃から、彼は少し、いや、だいぶ攻撃的な一面を持つとがった少年であった。

おばぁちゃんとお母さんと暮らしていたはずだけど、離れのような家というか部屋を持っていて

一度みんなでそこに出かけ、同級生5~6人で何かの課題を仕上げた気がする。



いわゆる不良と言われてしまうような、こと、教師には物凄い威嚇をしていた。

しかし、皆が訪ねていったこともあるように、小学校を共にした女の子は、

「M君は昔作文もとても上手だった漢字もできた・・・悪い子じゃないんだよ・・・本当は」

と言っていた。



彼に中3のときか、家まで自転車で2人乗りをして送ってもらったことがある。

私を降ろして、チャリチャリと帰っていったっけ。



中3になると、やはりピリピリしたムードが漂う子供が増える。

己の身の上に降りかかる圧力に耐えられず、人をいたぶって、蔑すみ、

自分の優位を作り、息を吸う、そういう「輩」が現れる。



A君という出来の良いおぼっちゃんがいた。

全くもって、言いがかりとしか思えないことに、けちをつけられ、

その「輩」に、クラスの誰もが眉をひそめる行為をくりかえされるのであった。

一回、教師が、クラスの力を持った男子を集め、どうにかならんかと、仲介に

入ってみんか?と話をした。


応えは沈黙だった。

「輩」は決して、その力を持った男子の対象になるような器ではなかったけど

彼らは何も言わなかった。


意気地なしめ。

のらりくらりと話を聞いて沈黙する男子に心の中で、そう思いつつも、原因は

「輩」に圧力をかけている存在をどうにかすることじゃないのか

と私は静かに教師にも怒っていた。

「輩」たちの家庭をみてくれ。話してくれ。

A君を救ってくれ。




ある日、朝礼で、こぜりあいが始まった。

A君に蹴りが入る。いつも、止めるのはだいたい女子だ。

耐えられず、

「止めな!いい加減にしなよ!」

と割って入る私に、M君は初めて、刺すような目で

偽善者!

と吐いて捨てた。




私はこの「偽善者」と言われたことが、いたく心に残っている。

そして、その日から、私は「偽善者」だという彼が心に住み続けている。

そのときは、憤懣やるかたなく怒ってはいたものの、そうかも知れぬという思いが

やがて確信に変わったのだ。自分は「偽善者」なのだな。




中3の3学期はあっという間に過ぎる。

同じ高校を目指す仲間と情報を交換したり、テストの問題を競い合ったり、

知らず知らず、限られた視界の中で生活し、そして、卒業だ。



M君とはそれっきりだった。

3学期・・・話した記憶も無い。











それが、実は去年の夏、彼が夏祭りの露店商として座っていたのを見たのだ。

一目で彼だとわかった。

私は話かけなかった。家族をつれて、遠巻きに元気そうな彼を見て、足も止めず。








今回、彼のほうから、声がかかった。

家族に紹介する。

「ほら、おじちゃんの目は金色だねぇ・・」

「ハーフなんだよ」

「どんなハーフだかねぇ」

「関西と関東のハーフなんだよ」

家族は完全に顔が引きつっている。そりゃそうだ。




「なにしてるんだよ」

お互い同じことを言う。

「サラリーマンだよ。配送の仕事してるんだ。」

目を丸くする私に

「本当だぜ」

と言う。



去年、露店で見かけたことを告げると、何で声をかけなかったのか

怒られた。

実家の父をたまにみかけて、私のことを気にしていたそうである。

おかげさまで、育ち盛り、こんなに育っちまってますよ・・・と

腰に手をあて、胸をはる私の腹に、ウチワでもう一人いるわけ?

と遠慮なくパンパン確認をいれる。



ひきつる家族が、私をひっぱり、帰ろう帰ろうと催促する。



それじゃ、またね、と別れる。














「何してる?」

「何って?」

言葉に困って私は、仕事のことを聞いたけど、本当は、君が何の仕事をしていようが

そんなことは、どうでも、本当にどうでもよかったんだよ。

「幸せにしているのか?」

それが聞きたかったのだ。

私は、そこそこ幸せだ。

「君もそこそこ幸せかい?」

もっと幸せなら、なお、いい。

でも、等身大の毎日が、そこそこならば、それでいい。










帰り道、私は物凄く機嫌が良かった。

笑いが止まらなくなっていた。

気にされていたのは私の方だったか。









後にも先にも、一度きりの自転車の2人乗り。

M君は元気であった。

気にかけてくれる、その存在がどんなに遠くにあろうとも

人を幸せにするのだ。



M君、ありがとう。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-14 09:45 | 出かける

七夕祭り

夏祭りの季節。
こちらの地方でも週末は七夕祭りであった。

f0172925_22422041.jpg


さっそく、はなより団子。

ここの老舗の八百屋さんが、七夕の時にだけ出す、ジューススタンド。200円。

このブドウジュースが濃くて、本当に美味しかった。


さて、続きはまた今度。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-12 22:43 | 出かける

和室のこと

和室は必要か・・・

ここに悩む人結構いるみたいです。

今のところ、4畳半の和室というより「和コーナー」のようなもの。

床を30~40センチあげて貰って下に収納をつけて貰おうという狙い。

ヘリに腰掛けて話すこともできるから、そのパターンを望んだのだけど・・・。





今、やっぱり4畳半・・・どうせなら6畳・・・・・ならば客間として泊まりもありうる。

もう、いい年になってきている私達、それなりのお付き合いも考えられる。

しかし、客間としてここに人を泊めることがあるのか、ホテルに泊まってもらえばいいのか

今後あるか判らない状況のためのしつらえが必要あるのか・・・

もちろん、面積は広げられないから、その分リビングの床部分を削る・・・。

そして、明日再度の見積り。


本当に建つの?!と最近懐疑的な私。
f0172925_19293661.jpg


先日見学した家の和コーナー。最近よく見かける。







今、納豆巻き(母の差し入れた夕飯に入っていた)が上手く食べられず、
ぼろぼろこぼし、あげく

「マジありえねぇ!I don't have Nattomaki every day!」


と怒る少年K。おいおい。それじゃ意味がわからないって。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-10 20:18 | 家作り