<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ドリームハウス

みなさんが、住まれている家、または住んでいた家はどんな家でしょうか?
私は家が小さい商店だったので、なにに憧れていたかって、それは・・・「玄関」だった。
お店はシャッターを開ければ、そこが間口いっぱいお店の出入り口。そこからお店を
抜けて家に上がる「上がりふち」を経るとそこはもう、玄関、台所と茶の間を兼ねた
我が家になる。1階でご飯を食べていても、来客はやってくる。おかげで、お客さんと
店屋物をお昼に頂くというのも珍しいことではなかった。

実は、このブログにも以前書いたが、2軒隣が蕎麦屋で、お客は昼時になると
蕎麦屋で注文をして、我が家に届けてもらうようにして、うちでそれを食べる・・・と
いったことが日常であったりしたのだ。

ある日、私は大好物のカツ丼を食べていた。小さい頃、お肉はカレーに登場するだけで
も嬉しいお年頃。店屋物のカツ丼の「フタ」にカツを分けてのせておいて、後でゆっくり
食べようと楽しみにしていたのだ。

そこへ、なじみの来客。靴を脱ぐや否や隣に座れる間取り。玄関無くて2秒でご飯である。
私の対面に座ると同時に、私の「幸せ」を己の口の中にあっさりと放り込んでしまったのであった。

「iЭ☆дdlk;o@!!!」余りの驚きに泣き出しそうな私に

慌てたオッチャンは「カツ嫌いなんなら食べてやろうかと・・・」


食べ物の恨みは恐ろしい。あれから30年以上経って、そのオッチャンも鬼籍の人。
しかし、我が家では今でもカツ丼が話題になると、必ずその話が持ち込まれる。
義兄がする私についての話の得意の演目のひとつにもあがるほどだ。

それ以来、好きなものは先に食べる・・・




じゃ、なくて、「玄関」をあがり、食卓と来客がかち合うことの無いスペースが、私の憧れ
になったのであった。


f0172925_83224.jpg


これは今から35年くらい前にあったもの
きっと、アメリカのドラマが日本人の生活に色々な憧れを運んできた時代のもの
と思う。チープなプラスチックがまた愛らしい。サマンサやタバサが住んでいた
家には、カツ丼の悲劇は無かったであろう・・・



f0172925_831644.jpg


こんなシリーズがあります。
まだ持っているので次回アップしましょう。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-26 08:27 | 昭和レトロ・玩具

歩こう

今日はツレが「すまない!」という意味がわからず、ぽかんとする。

飲み会で遅くなるというだけのことは・・・毎度のことではないか。




おお!今日は誕生日であった・・・か。




何か自分の為に買っちゃおっかなぁ・・・と思ったものの、今日は定期健診の日で

その診察料と薬代が7800円ほどだったので、ちょっと足取りが重くなって、お財布の

紐も固く結ばれてしまった。来週はもうひとつ控えているので、ちょっと悲しい。




でも、なんとかやっているし、来年はもっと元気になっていたいと思って

電車に揺られて春の日は過ぎたのであった。





特別なことは何にもしなかったけど。

今日のメニュー

牛スジと大根の煮物・キャベツの塩ダレ炒め・納豆梅干たたき入り・シジミの味噌汁

という免疫にも前向きな夕飯となりました。





さて、すっかり大人。この年を楽しまなくっちゃ^^





追記:おっと!特別なことはひとつあった!この年で、発売日を待って買ったものがあった!
    それは・・・「聖☆お兄さん・3巻」私の誕生日に発売なんて!ジーザス!!
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-24 20:00 | ひとりごと

今日のみっけもん

                              今日のパンダ
f0172925_9414461.jpg









                             今日のお味見
f0172925_9385310.jpg









                             今日の真ん中分け
f0172925_9383944.jpg









                             今日のせんと君
f0172925_93824100.jpg









                           今日のウール100%
f0172925_939746.jpg









                              今日の営業
f0172925_9412983.jpg









                             今日のペシミスト
f0172925_938876.jpg









                             今日のマーブル
f0172925_9393330.jpg









                              今日の睨み
f0172925_939513.jpg









                           今日のフォトジェニック
f0172925_101056.jpg













                             今日の吉田
f0172925_9391896.jpg










                             今日の揚げ物
f0172925_9401378.jpg


揚げ物
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-23 10:09 | 出かける

戦いの厨房

毎日緊張の瞬間が訪れるキッチン。
けたたましい叫び声、この口をふさぐために、どんな場所からも一直線に駆けつける。
そして、やおら、手に布を巻き、おそるおそるそいつに触れる・・・しかし、強情にも抵抗
を繰り返される。やむなく、無理やり手でこんどはそいつの口をこじ開ける・・・





ヤカンなの。

ごめん。裏切った?





でも、ほとほと困っているのね。このケトルには。以前、ホーローのヤカンを使っていたのだ
けど、ついに柄の部分がこげて、取れてしまった。私はうっかり者なので、ヤカンを沸かした
まま、その場を離れ、台所がが異常な熱気と、緊張感に包まれた・・・ヤカンがカンカンに
(いや、まじめな話)熱されて、水という水は水蒸気になっていた・・・という恐ろしい過去が。

それ以来、笛吹きケトルなる、騒がしいものが私には合っていると思い、ある日出かけた
店先で、そのまぁまぁなスタイルと、超値ごろな(セールだった)価格に後押しされて、
つや消しのステンレス、笛吹きケトルを購入したのだ。
メーカーはアメリカCOPCO社。私という人間は本当にばかものだった・・・と思ったのは、
その隣に積まれてあった商品はイタリア製であったから、これもそうかな?と疑いもしな
かった。改めて、アメリカのメーカーと聞かされると、いや、何をもってここに共通点を見出
したのか。イタリアよ本当にすまない。使い勝手の悪さをフェラーリを作る国だから・・・と思って
しまった私を許して欲しい・・・。ってはなから、相手にもされる存在ではないのだが。




で、何が、困るって、このケトル。
まさにSCRIME。それは、まだしも、沸騰したとの知らせをうけ、ポットにお湯を移そうとする
と、まず、取っ手が熱くて持てないの。ここまで熱が伝わってくれてて物凄く熱伝導率のいい
作りになっているわけ。で、その後、今度は注ぎ口が片手では開けられない。最近は、注ぎ
口の樹脂部分が溶けて変形し、むりやりこじ開けないといけないという段取りになったわけ。
ここにも非常に熱伝導率のよい樹脂が使われていると知った消費者よっち。そのうえ、お湯を
注ぐとき確実に蒸気が手を直撃して、まさに、使い手にも熱伝導率が物凄くいい!!これって
どんな開発者が商品テストしてるわけ?!もしかしたら、これは何かの挑戦?陰謀?で、
きっと、文化が違う国、使い方が違うのかもしれん・・・と、よい方によい方に考えようとしても・・・・





                イラっとする!



皆様、いいケトルしりませんか?
今検討中なのは柳宗理さんの品・・・・
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-20 11:56 | 雑貨

二足遅れのホワイトデー

f0172925_10112248.jpg

ある日なにやら紙袋を下げて帰ったツレ。
そ、その包みは!

はい。そうです。

千疋屋「メロンババロア」でございます。


f0172925_10143048.jpg



ああ、興奮して影が映りこんじゃった・・・とほほ。
これは、お値段の割には本当に美味しい。上に乗っているメロンの美味しさよ!!
下のババロアの何倍も甘くて、後味がいいのです。一口食べてはのけぞる私。

実は、私あんまりメロン得意じゃないのです。いや、嫌いじゃないのですけど、
ものによって、喉がイガイガするっていうか、チリチリするっていうか・・・
なのに、これは別物です。

千疋屋さんは銀座に遊びに行った際の私のオアシス。ここか、東京羊羹によるのが
昔っからの定番でございました。各店舗に取り揃えてあると思いまするので、お近く
にお寄りの際は是非。って私なんの関係もございませんよ、千さんには。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-20 10:20 | 食べ物

今日の繕い物

去年の秋にこの靴下を頂いてから、私の冬は、常にこの靴下と共にあったと言っても
過言ではない。なにせ、スリッパならフローリングで脱いでカーペット、あるいは「こたつ」
に行かなくてはならないが、靴下ならそのままでよいわけで・・・いや、私のだらしなさの
ことはどうでもいい、我が家は3Fにあるのだけど、階下は駐車場なので、いわゆる集合
住宅の下の階のおかげであったかい!という恩恵は全く受けられない。なにしろ、床が
冷えるのだ。なんてったって吹き抜けの階下。北風びゅーびゅーなのだ。

で、この靴下、繰り返し私にこの秋冬中酷使されたおかげで、ある日気がついたら、
おお!なんたること!
f0172925_10514392.jpg




で、私は裁縫一般、編み物全般、いや全面的に苦手どころか、網図を解す人こそ
尊敬に値する幾何の人達と思っているので、この穴をどうふさぐか見当がつかなかった。
はて・・・・と、悩んだ挙句、実家から毛糸の綴じ針を借りて、外科的穴ふさぎを試みる。
40年前の父の腹に施された胃潰瘍の手術跡のような感じ。その後、その上に・・・
f0172925_17373594.jpg




f0172925_10553841.jpg





もう少しフェルトの色を変えればよかったけど、今回はグレー。ポップな色もいいかもしれない
履いてみたら、また、これが、いいのよ!次はどこが薄くなるかはわからないけど、こうやって
また、大切に使わせていただきたいと思っているのです。

春の日差しが、明るく照らす外。
もう少し体を温めてもらおうと思っております。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-18 11:01 | 雑貨

2年生

表紙の絵から、既に、子供たちの視線が釘付けになる。
インパクトの強い飯野和好さんの絵は子供たちには既に
「ねぎぼうずのあさたろう」で御馴染みなのだ。


「あのときすきになったよ」
黛くみこ作 飯野和好絵
この本は1年生の「しっこ」さんと呼ばれる人物と、「わたし」の話。
二人の女の子の話、舞台は学校。


どちらかというと、読んでいてなんだけれど、自分でページをめくり
本の中に入り込んだほうが、この本には向いているかもと思った。


この日、私の入るクラスは2年生の2クラス。
同じ本を読むのだが、クラスによって反応が違うのでなかなか面白い。
この話は、最後のクライマックスで本筋に主人公とグググっとはいっていけるか
それとも、この主人公を「とりまく」その他大勢の気持ちでただ、一緒にその場
をやり過ごして終わるか・・・
できれば、主人公の気持ちになって欲しい!と切に願って読んだものの、
果たして、シーンと入り込む子とクスクス笑って、響いてない態の子供と
まっぷたつに分かれてしまった。ひとつのクラスは水をうったように静かに
なってエンディングを迎えたが、もうひとつのクラスはクスクスやら野次
(昨今ではツッコミそのもの)やらをする子が何人かいて、ああ・・・と自分の
力量不足を痛感。反省は明日への活力。リベンジだ!!



さて、この話は、あっははははと大笑い、痛快!というような本ではない。
どちらかというと道徳の授業のような話だ。これが、淡いパステル調や
水彩画で仕立ててあったら、なんとも、正しさの押し付けのような気がして
私は手にとらなかった。でもこの飯野さんの絵が実に本質を突いて、
柔らかな甘すぎるオブラートにも包まず、ズドンと直球勝負を挑んで
きてくれて、実にいい。この絵がこの本には必要だったと確信している。


出版社は教育画劇・・・・ううむ。私はこの「教育」という響きがなぜか苦手で・・・







登場人物が少ないので読みやすい。ただ、中に、手紙が入ったシーンがある。
これをどう読むか、あるいは読まないか・・・一考が必要。そして、最後の
短い会話をいかにきちんと、丁寧に子供にとどけられるか、心して読むべし。







勝手な採点
読みやすさ・・・・★★★★☆
面白さ・・・・・・・・★★★★☆
子供人気・・・・・★★☆☆☆
ボリューム・・・・・7分くらい。ゆっくり読んでも10分。
◎感情を入れすぎて、鼻の奥がグズグズっとならないように注意ですぞ。
 主人公は1年生。高学年にももちろん通じるとは思うが低学年にこそ
 届けてほしい・・・が・・・1年生になりたてには、ちょっと厳しいかも。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-16 19:18 | 朗読またの名を読み聞かせ

そろりそろりと・・・

我が家は今集合住宅である。
で、非常に手狭になってきた。なにしろ昔の作りの集合住宅なので、梁がパイプを通すために
いたるところに出っ張っているので、タンスがすっきり壁につかず、30センチもスペースが無駄に
なり、一部屋は完全納戸になってしまっている。他はキッチンと和室、洋室のみでそこに、例の
ごとく私がどんどん物を増やすは、家族の持ち物は増える一方だわ、息苦しさを感じるように
なってきた。いや、実際本当に息苦しいのだ。


結婚して15年。ここに引っ越して7年。マンション、建売、中古物件、いろいろ考えてきた
そして、悩んだり、平行線でほっておいたり、とにかく、もう、サラリーマンとしてのローン
返済も苦しくなる年に差し掛かってきた、このごろ、ツレが、この周辺の土地で家作りを
進めたいとの話になってきた。実はツレの実家は隣の市。私の実家は町内。いくらなんでも
田舎の地域色の強い長男坊。それは許されざるものがあるだろうと考えていた。
しかし、ツレが変わる。ここ1年ほど、地域の横の繋がりができ、それはそれは、私より
地域に深く入れ込んでしまったのだった。ひょうたんから駒、いや、棚から牡丹餅。
それでも、ツレの実家への報告は実に気の滅入る仕事であった。ところが、思いもかけず
理解をしてくれた義両親が、「何の援助もできないが」と言って、快諾してくれたのである。

私の実家も資産家とは程遠い。

で、地方にありがちな、「土地は親が用意してくれてぇ~」といった甘い汁は吸えないが、
もう、若くない二人が、等身大、無理も贅沢もできないけれど、でも、自分たちらしい、
住処を作るべく奮闘する・・・そういうスタートになったという訳なのだ。

頭金も少ない。借入額も少ない(だって、そんな返せないし)
ないないづくしないづくし~チャカポコ♪チャカポコ♪である。






そして、今日、設計事務所を訪ねた。ここを訪れるのは2回目。車で1時間30分かかる場所である。
前回、内覧会に参加して、受け渡し前の住宅に白い手袋をしてあちこち触ったり、開けたり、閉めたり
めくったりしてきちゃったわけである。花粉症の私はおまけにマスク。デジカメを首から下げ、まるで
鑑識の態。もちろん白いコート。

今日は、もう1件の家の内覧をしてきた。ここは「生活感のない家」をテーマに作っただけあって、
畳も黒の琉球畳。床は大理石様のフローリング。壁にいたっては爬虫類の型押しのような模様の
壁紙であった。ここまでするとは、あっぱれ!というしかない徹底ぶり。

ホームコンシェルジェなる人物にその後、資金のことや、今後の進行についてを聞いたりしながら
ついに、家作りの肩をたたかれた気がしてきた。物凄いローンである。でも、それに生活もある。
100年に一度の不況である。妻は病持ちで癇癪持ちである。現実は厳しい。でも、自分たちで
決めたことだから、仕方ないのだ。やるしかないのだ。担ぐしかないのだ。



次回は、沢山の用紙(家カルテ)に要望を書き込んで行く。
今のところ同じ坪数で同じ金額の2つの土地について、調査を依頼した結果を聞きに行く予定。

上を見すぎず、妥協しつつ、こだわりつつ、進めてまいります。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-14 22:38 | 家作り

最近のお気に入り

皆様、ご心配をおかけいたしました。
ありがとうございました。おかげさまで、家族2復活いたしまして、私も元気に
食生活を謳歌しております。ありがとうございます。今日はアサリにしてみました。
免疫力アップにはつながらないかもしれませんが、今日は沢山笑ったので
かなり、体調が復活してきたのだと思います。ええ。無駄な運動こそしませんがね。





さて、以前深夜このCMを見たときに魂を奪われ、皆に説明するも、わかってもらえず
悔しい思いをしていたのだが、最近よく、このCMが日中もオンエアされるようになり、歓喜。


まだ、未体験の方は、是非魂を揺さぶられて下さい!









おまけ。
一緒にアップされていたのを見つけて、面白かったので載せさせていただきます。


[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-12 20:37 | ひとりごと

みんなシジミ食べてる?

作り方が悪かったのか、いまひとつパンチのないシジミ汁になってしまう
よっち宅・・・そもそもシジミ汁にパンチは必要ないのかな・・・いや、
料理屋さんとかで食べたことあるあじは、やっぱり違うのに・・。


私には今免疫を上げなければいけない理由がある。


なぜなら・・・家族2がインフルエンザB型でありましたの。オホホホホ。


今、24時間べったりすごさざるをえないこの関係。




今から5年前に私は家族1とともにインフルエンザB型に感染。そのときはマジ、
ただ、寝ていることがこのように拷問になるのか?!というくらい酷かった。
吐く息に、火がつくような感じ。病いといういより呪いといった感じの症状・・・。

だから、怖い。

予防接種よ頑張ってくれ!!・・・・・・・・・※





皆様も、まだまだ、お気をつけてくださいませよ




※予防接種はうっても、かからないというわけではありません。
  かかったときに、軽くすみます・・・・・・と医者は言ったのであった。信じた。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-10 14:20 | ひとりごと