カテゴリ:雑貨( 45 )

ダイニングテーブルについての憂鬱

f0172925_1064485.jpg



ダイニングテーブルであります。実物ではなく、現状の写真を送って貰った。
これはi以前うちで使っていたローテーブル。
f0172925_10165643.jpg

タモ材の集成で、しかし、今度の家と色が合わないので、まず、
ウレタン塗装をはがし、(削る)色を食器棚にあわせて、塗りなおし(オイルステン仕上げ)
足をつけていただくという・・・リメイク

5万円なり。


このリメイクの話しは、家の建築にあわせずっと前からお願いしていたことだった。

でも、家の建築のほうが先に先にの流れから、見学会にも間に合わず、結局年末近く
になって最終的に仕上げや脚のはなしがようやくもたれ、迷いに迷ったあげく、
木の風合いを楽しむべく、「オイルステン仕上げ」でお願いしたのだ。

ダイニングテーブルなので、水拭きは必須。
ならばとツレはウレタン塗装を望んだけれど、つるっとしたプラスチックのようだった
以前のローテーブルのイメージがあって、木の感じが、枯れていく感じもまたいいかな
と思い決断。



そして、待つこと・・・・昨日、連絡があり
もっと艶をだすかどうか、ご判断いただき、再度塗装も致しますとご連絡を頂いた。

艶?

オイル仕上げでも、塗り重ねることで艶は出る。

しかし・・・予想は的中。







ウレタン塗装が施されていた。

今、直しますので来週末までお待ちを。

という連絡を頂いたまま、完全頭がフリーズしている。

なにせ、一度仕上げたものをやり直させるという行為は大嫌いなのだ。



ウレタン塗装だって、利便性をとったらこれにまさるものはなし、いいのではないか?!


うううううううう・・・・










あまりに悩んで、少し気持ちが悪くなっている。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-01-15 10:31 | 雑貨

バザーのお手伝い

風邪がたいしたことないと思ったら、置き土産をたっくさん残してくれまして。

私、つくづく粘膜が弱い。鼻のかみすぎで鼻の下が割れてしまい、口の周りには

軟膏が合わず、風邪の華が・・・・ううっ。




今日は出かけず済ませたい。一日布団なんかに入っていたい。

隣にマンガなんかおいて、うつらうつらとしてみたい。








ま、毎日似たようなずぼらぁな生活をしているんだけどさ。








さて、過日行われましたとある地方のとあるバザー会場。
そういえば、去年は、例のツワモノに屈して後々、歯軋りをしたのであった。
今回は作品ではあまり貢献できませんでしてね。当日の人力でご協力。
私は隣の部屋で風船膨らましたり、簡単クラフト作りのお手伝い。
ここの特徴はいまや珍しくなってきた手作りの品の豊富さ。
雑貨屋のクラフト展のようですが、値段は正直どれも破格です。バザーだからね;^^
写真は商品のほんの一部。
外で売ってた花買いたかったなぁ~。




f0172925_9173621.jpg
f0172925_9175581.jpg

f0172925_918447.jpg

f0172925_9181396.jpg
f0172925_9184129.jpg

f0172925_9184925.jpg

f0172925_9185921.jpg
f0172925_919672.jpg

f0172925_9191444.jpg

f0172925_9192399.jpg
f0172925_919312.jpg

f0172925_9193859.jpg

f0172925_9194827.jpg
f0172925_920187.jpg

f0172925_9201452.jpg


見たことのあるネコとブタがいましたな。
お客様も沢山で盛況でした。よかった。よかった。
ありがとうございました。


今年でお手伝いも終わり。
はぁ~やりきった感と寂寥感と。
乙女心は複雑なのよ。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-10-19 09:26 | 雑貨

じぃ〜ん

f0172925_19171334.jpg


ついさっき、スーパー駐輪場にて。
撮影する前はきちんと座っていたのだが、ちょいと疲れてしまった様子。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-10-04 19:17 | 雑貨

ああ、物欲のカタマリ

このところ、照明器具をネットで探したり、図面とにらめっこしたりしている。

で、お疲れ気味の気分転換、最近覗きもしなかったヤフオクをちょっと・・・

いえ、いえ、買ったわけではないのですよ。

でも、どうしても気になっちゃって。

これ。

f0172925_13154214.jpg



ほら、なんか動き出しそうじゃない?!何なんだ?

でも、なんだか可愛くって気になるのだ!

ロシアの絵本にあった昔の古いストーヴを連想させる。

ここに集う人はきっとニヤリとする品だと思うのだが・・・・
[PR]
by yocchi0220 | 2009-09-10 13:17 | 雑貨

グレープフルーツの香り

今日もムシムシしております北関東。

皆様の住んでいらっしゃるところはどうでしょう?

あまりにも湿度が高く、ついにエアコンのドライのスイッチが入れられた昨夜。

でも、日中は一人きりなので、何度も顔を洗いに行って、扇風機でやり過ごしております。




さて、こう、気分がシャッキリしないとき、いや、私は365日ほとんどそう。

洗いたくない食器、干したくない洗濯物、かけたくない掃除機、

全く筆の進まない原稿、構想だけで行き詰まっているカット・・・・を目の前に、

気分を奮い立たせる、そう、そんなときに私は最近


f0172925_15255847.jpg

これ!オレンジメイト社製フルーツミストのグレープフルーツメイトミスト。

これを使っております。

そもそも、私何よりグレープフルーツの香りが大好きであります。

でもね、高血圧なの。でね、グレープフルーツが簡単に食べられくなっちゃってね。(薬飲んでるから)

バナナが半分しか食べられないさっちゃんと不幸自慢したら、勝つ自信あり。(鼻息)




以前から、台所の洗剤などは探してグレープフルーツを選ぶのだけど、香りに満足したことが

全く無い




でも、これは、まさしく、真隣で、グレープフルーツの皮を手で剥き、あげく、こちらに向かって

皮を二つ折りにして、液を飛ばす嫌がらせをされているような香り!





それもそのはず、この一瓶に70個分の果皮が含まれているそうな・・・

私は生協でこれを購入したのだけど、ネットでは、こういうところでも紹介されておりました。






さあて、一押しして、腰をあげるか・・・
[PR]
by yocchi0220 | 2009-07-09 15:33 | 雑貨

戦いの厨房

毎日緊張の瞬間が訪れるキッチン。
けたたましい叫び声、この口をふさぐために、どんな場所からも一直線に駆けつける。
そして、やおら、手に布を巻き、おそるおそるそいつに触れる・・・しかし、強情にも抵抗
を繰り返される。やむなく、無理やり手でこんどはそいつの口をこじ開ける・・・





ヤカンなの。

ごめん。裏切った?





でも、ほとほと困っているのね。このケトルには。以前、ホーローのヤカンを使っていたのだ
けど、ついに柄の部分がこげて、取れてしまった。私はうっかり者なので、ヤカンを沸かした
まま、その場を離れ、台所がが異常な熱気と、緊張感に包まれた・・・ヤカンがカンカンに
(いや、まじめな話)熱されて、水という水は水蒸気になっていた・・・という恐ろしい過去が。

それ以来、笛吹きケトルなる、騒がしいものが私には合っていると思い、ある日出かけた
店先で、そのまぁまぁなスタイルと、超値ごろな(セールだった)価格に後押しされて、
つや消しのステンレス、笛吹きケトルを購入したのだ。
メーカーはアメリカCOPCO社。私という人間は本当にばかものだった・・・と思ったのは、
その隣に積まれてあった商品はイタリア製であったから、これもそうかな?と疑いもしな
かった。改めて、アメリカのメーカーと聞かされると、いや、何をもってここに共通点を見出
したのか。イタリアよ本当にすまない。使い勝手の悪さをフェラーリを作る国だから・・・と思って
しまった私を許して欲しい・・・。ってはなから、相手にもされる存在ではないのだが。




で、何が、困るって、このケトル。
まさにSCRIME。それは、まだしも、沸騰したとの知らせをうけ、ポットにお湯を移そうとする
と、まず、取っ手が熱くて持てないの。ここまで熱が伝わってくれてて物凄く熱伝導率のいい
作りになっているわけ。で、その後、今度は注ぎ口が片手では開けられない。最近は、注ぎ
口の樹脂部分が溶けて変形し、むりやりこじ開けないといけないという段取りになったわけ。
ここにも非常に熱伝導率のよい樹脂が使われていると知った消費者よっち。そのうえ、お湯を
注ぐとき確実に蒸気が手を直撃して、まさに、使い手にも熱伝導率が物凄くいい!!これって
どんな開発者が商品テストしてるわけ?!もしかしたら、これは何かの挑戦?陰謀?で、
きっと、文化が違う国、使い方が違うのかもしれん・・・と、よい方によい方に考えようとしても・・・・





                イラっとする!



皆様、いいケトルしりませんか?
今検討中なのは柳宗理さんの品・・・・
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-20 11:56 | 雑貨

今日の繕い物

去年の秋にこの靴下を頂いてから、私の冬は、常にこの靴下と共にあったと言っても
過言ではない。なにせ、スリッパならフローリングで脱いでカーペット、あるいは「こたつ」
に行かなくてはならないが、靴下ならそのままでよいわけで・・・いや、私のだらしなさの
ことはどうでもいい、我が家は3Fにあるのだけど、階下は駐車場なので、いわゆる集合
住宅の下の階のおかげであったかい!という恩恵は全く受けられない。なにしろ、床が
冷えるのだ。なんてったって吹き抜けの階下。北風びゅーびゅーなのだ。

で、この靴下、繰り返し私にこの秋冬中酷使されたおかげで、ある日気がついたら、
おお!なんたること!
f0172925_10514392.jpg




で、私は裁縫一般、編み物全般、いや全面的に苦手どころか、網図を解す人こそ
尊敬に値する幾何の人達と思っているので、この穴をどうふさぐか見当がつかなかった。
はて・・・・と、悩んだ挙句、実家から毛糸の綴じ針を借りて、外科的穴ふさぎを試みる。
40年前の父の腹に施された胃潰瘍の手術跡のような感じ。その後、その上に・・・
f0172925_17373594.jpg




f0172925_10553841.jpg





もう少しフェルトの色を変えればよかったけど、今回はグレー。ポップな色もいいかもしれない
履いてみたら、また、これが、いいのよ!次はどこが薄くなるかはわからないけど、こうやって
また、大切に使わせていただきたいと思っているのです。

春の日差しが、明るく照らす外。
もう少し体を温めてもらおうと思っております。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-18 11:01 | 雑貨

大きいのと小さいのと

f0172925_1673587.jpg





今年は金屏風を省略して小さく飾ってみました。

大きいのはお内裏様の2人だけのもの。

向こうに見えるのは15人。

小さい小さい芥子雛です。

手のひらに何人ものります。


f0172925_16103636.jpgf0172925_16101119.jpg












お髪が塗りってのも好きだったりしてね。






さて、本日桃の節句。いなり寿司、桜餅はスタンバイオッケー。

それと、蛤のお吸い物・・・・か・・・。

と買い物に。で、そこそこいい感じの大きさの蛤がありまして。

1パックに数個入って200円ほど。

こりゃ安いわぁ!ってよく見ると「中国産」

隣にあったのが、こりゃまた大きい蛤。

2個で700円・・・これじゃ数が足りない・・・・蛤で1400円か・・・・。

外の寒さもしびれるが、財布の厳しさも辛い。

冷凍庫の中にアサリがあったっけ・・・って思い出して

買うのを辞めたけちな女・・・それは、よっち。




結局大きいのと小さいのと両方買わず、別なものって・・・・

違ってる。やっぱり違ってるよなぁ・・・・・と物思いの春。

こういうものにケチってはいかん・・・なぁ。


歯切れ悪し!
[PR]
by yocchi0220 | 2009-03-03 16:19 | 雑貨

バザー戦利品その2

随分数が減ってしまったので、慌てて写真を残しアップしておくことにしました。
この前のバザーで買ったものの続き。レジ係りだったので大物は買えなかったのですが
小物をちょこちょこと。

f0172925_9553284.jpg


これはシュシュばかり。奥のシュシュは手編みの毛糸製で、ドーナッツのようなラッピング
にしたもの。友達が作ったのですが、欲しくて買いました。(今度作り方を習うはず)

f0172925_9575724.jpg


こちらは毛糸の小物。左上モヘアのシュシュ。右上アクリルたわし。下二つは毛糸の
モチーフのヘアゴム。

時間により値下げになってから買ったものに関してはなんと2つで50円というものもあり、
ありがたいような、せつないような気持にもなるのですが、喜んでくれる人がいれば、
それで善しなのでした。

まだ続きますね。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-10-10 10:10 | 雑貨

あたたかい贈り物

f0172925_19455235.jpg


先ほど、ピンポ~ンの音と共に、贈り物が届いた。
箱を開けて、正直鳥肌がたったのだ。
で、次に涙がにじんでしまった。

あたたかい贈り物がとどいた。
手作りのものと言うのは、賛否両論が存在する。
その、どちらの言い分も分かる。
送り手としての迷い、受け取り手としての困惑も経験している。

でも、自分が作り手として、一針、一筆、一彫、一撮の行為の時間と手間と
そして物への愛情、渡す人への思いを知れば知るほど、ありがたく感動してしまう。
勿論その送り手と受け取る人の間の信頼関係があってこそというのが前提にもなろうが。

自分を思って購入してくれたであろうプレゼントも嬉しい。

相手を思って購入を迷う、喜んでくれるかな?も楽しい。




このほかにも沢山の気持ちがつめられていた。
編み目や縫い目をそっとなでてみる。
心に響く、手を合わせたくなる秋の夜。


f0172925_19542437.jpg

あたたかいよ~
[PR]
by yocchi0220 | 2008-09-30 19:54 | 雑貨