カテゴリ:雑貨( 45 )

雨を呼ぶ靴

f0172925_18165655.jpg



フォーマルの靴の踵がだいぶ痛んでしまい、直しに出そうかと考えたのですが、

お直し代も1万円くらいかかると判明。ならばと…お手頃な靴を探して探して。

私は足が幅広で、なかなかセール品に足が馴染む靴がなくて、ついにやむなく

通常販売価格の棚の(ケチ)片隅から、気に入った高さのパンプスをためし履きし続け

ついに見つけたその靴は、私の足にぴったりとまさに「吸い付く」感じがしたのです。

前に靴で痛い目をみたことがあるので、多少我慢してお安い…はもう卒業。

私にしては、相当な値段で(でもセールじゃない くどい)購入。

それが左のフォーマルシューズ。

しかして、この吸い付く靴は、まっこと快適でがんがん歩けるものの…皮が軟らかく

初日で既に、ガリッと傷が…泣

しかも、どういうわけか、この靴をはくシチュエーションではなぜか、雨!雨!雨!

今まで、4回のフォーマルな場で見事に全部雨!

こんなことって、あるの?!と首をかしげたくなるほどです。





それと、やはりオフィス用のパンプスも痛んできてしまい、それも十分ためし履きして

購入(今度はセール くどい)したはずが…これが(右側ね)靴屋では快調だったのですが

1時間くらい歩いてみると、あら不思議…そりゃもう、小指の付け根が悲鳴を上げる痛みの靴に

早変わり。

座るオフィス仕事にしか向かない一足となってしまいました。やれやれ。






今日は告別式に参列。

町内の大きな役をされていた方だったので、誘い合って、セレモニーホールに

出かけてきました。

父からは聞いていたのですが、ホールの入り口に、故人のスナップ写真が引き伸ばされて

数枚飾られておりました。その一枚が、2年前私が映した写真だったのでした。

あまり、いいお顔だったので、迷わずシャッターを押したのを覚えています。

もともと素敵な方でしたが、写真の出来上がりもよかったので、ご本人の了解を

得て、町内の文化展に展示してもらった1枚でした。

告別式の終わりに親族にご挨拶するときに、奥様が

「あの写真気に入っているのよ、ありがとぅ」

とおっしゃってくださり、もう、涙が止まらなくて、ホールの端でおいおい泣きだしてしまいました。








この靴をはいた今日もまた細かい雨が降り続いています。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-05-11 18:02 | 雑貨

鎌倉土産の鳩三郎

先日母が隣の奥さんに誘われて、鎌倉に行くことに。

お土産なんにしよっかね?

と言葉の終わりを聞かずに「はとさぶれええーーー

しかし、孫1はおずおずと、

本店には寄るのか?ならば「鳩三郎」を買ってきてほしいと懇願するのだった。

聞くところによれば修学旅行のグループ行動、彼女の意見は通らず(母に似て気弱)

本店に行くことができなかったそうである。

しかし、母もまた隣の奥様の立てているスケジュールに鳩サブレの本店の入り込む余地があるのか

果たして、場所がわかるのか不安(場所はとってもわかりやすいのでご心配なく)

地図と鳩三郎の資料よろしくっ!と私に託された宿題は、私の欲しいものにもしっかりと

二重丸がつくという、いらない情報まで掲載されたものであった。

あ、勿論、本店は無理でなく、行けたらね、というお約束でね。






朝の5時半のバスに乗り、首都高は渋滞すると、バスの運転手さんの機転により予定のコースを

変えて、レインボーブリッジなどを渡りながら、老人を乗せたバスは予定時刻の1時間前に鎌倉へ。

そこで5時間の自由散策を堪能し、帰路へ。帰った母は、あまりの疲れに帰宅報告の電話もままなら

ず、床につき、翌日…




ピンポ~ンと我が家に鳩の紙袋を下げて登場。

そうして、一堂に手渡される「鳩サブレー」

f0172925_7443972.jpg

似た商品は星の数ほどあれど、やっぱりこのがっしりした味と、このデザイン。
他の追従を許しません。

しかし、今の私はコレステロールと中性脂肪との攻防真っ最中、残念ながら手が出ない。

そんな娘を不憫に思った母が

「はい。おまえの分」


じゃーん
f0172925_7472429.jpg

鳩サブレマグネット~

もう一つ一つが実にリアル。
鳩サブレの缶に、紙箱に紙袋、そして鳩サブレーーー。
実に、うっとりの出来栄えです。



そして

「はい、これ。見つかるかなぁと思ったらレジの横にコーナーがあってね…」

f0172925_7495445.jpg

鳩三郎

3センチ程の大きさの根付ですが、ファスナーにつけても、勿論ストラップとかね。
これも芸が細かい。鳩の裏に「鳩三郎」って彫ってあるの。

喚起する貰い手に、小分け用の袋もプレゼント。

f0172925_832556.jpg

閉じているとわかりづらいけど…

f0172925_7523146.jpg


これがまた・・・内側に鳩。






ここのデザインはキティーちゃんや、ミッフィーちゃんに共通する、もう究極のシンプルさ。

f0172925_7551443.jpg


どのパッケージ見ても、よいなぁ~と感心しつつ、お茶をすする春なのでした。







(本当はサブレが食べたい)・・・・・・泣












グッズをもっと知りたいお方へ。魅力満載のこちら


次は豆楽マグネットだな・・・
[PR]
by yocchi0220 | 2010-04-18 08:02 | 雑貨

閉店間際フリーマーケット

f0172925_17343756.jpg


小さい小さいフリーマーケットが極近所で催されていましたが

あいにくの雨。で、出向いた時にはすでにお店はほとんど無く、

ここだ!と思うところみな店じまい中でありました。




ギターを持ったお兄ちゃん(製作者本人なのか友人なのか謎)が歌う前にずらりと並んだ

いびつなガラスの花器やらグラスの中から選んだこの2つ。

120%いびつです。ゆがんでおります。

もっとあったら、もっと買いたかったなぁ。

f0172925_17352681.jpg



そして、「日本は貝のボタンは染めなかったのよね。」

というマダムのやっていた小さなボタンだけのお店。イタリアのアンティークボタンだそうで。

この菫色に魅せられて即購入。艶があってなめらかで、でも歪んでいて

いつまでたっても飽きません。

気が付くと私に感化されてきたのか、家族1がうっとりと緑のボタンを手にして

お金を差し出しておりました。

f0172925_17383416.jpg


何にする?ではなくてよし。

f0172925_1739678.jpg





あーフリーマーケットか骨董市に行きたいな。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-04-05 17:41 | 雑貨

衝動買い

ああ・・・買ってしまった・・・。


f0172925_22335020.jpg






リバティプリント フリークロス インド綿

笑ってしまうほど派手な色柄。中には眉をひそめる方もおいでであろう。

このいかにも人造的なピンクとブルー、そして派手なバラがうちの地味に徹している

テーブルの上にかかったら衝撃的・・・などど想像したら、もう、買うしかないな!

と思い込んでしまったのである。

ああ、今回はファンデーションのお粉を買うつもりのお金だったのに・・・。

3000円の出費もケチってたのに・・・私って・・・。

そうそう、これと同時に、地味なブルー系もね。

ポイントが数百円分あったので、2枚買っても3000円しないプチプライスにやられた感じ。


[PR]
by yocchi0220 | 2010-04-02 22:36 | 雑貨

ぴーちゃんのプリズム

この前紹介したスワロさんちのぴーちゃんが、我が家に楽しい光を届けてくれた。

このところまた、寒さがぶり返し、今日は雪が舞うかと思う天気になったので、

この写真は、数日前の春の日差しの日に撮ったもの。




f0172925_22335842.jpg













時には壁に沢山に。
f0172925_2235774.jpg















最近、目にするインテリア雑誌の台所の特集では、少し枯れた、使い馴染んだ道具や
食材を同じガラス瓶に詰めて所狭しと陳列し、あふれているのだが、整然としていて
上から吊るし、下には積み重ね、ステンレスの銀色、そしてリネン。木のさじ、土の食器。

上級者の台所はかくあるべきなのか。
と思って最初はうんうんとうなづいているのが、ここ何年かのブームなのか、あまりに
どの雑誌もお手本が似ていて、あれ?この人の台所はこの前見た気がする、いんや、
違うお人だ・・・などと、もう特集の表紙を見ただけで、ああああ、もういっかなと。




私は片付けが苦手だ。
出したものをもとの位置に戻せばよい。ただそれだけのことが、できなくて物が暴れだす。
引出しを開けて、そのまま閉めないで、大慌てなんてこともある。だから、できるなら
全部物の位置が決まっていて、全部かくしてしまいたい。


しかし、隠せるということは、片付くということともまた違う。
いくらたっても生活の質が上を向かないのは、シンプルな原因だったりする。

子供の時あこがれた、武井武雄氏が描いたジャックと豆の木の天の城にある大男の厨房。
いろんな鍋が壁にかかり、包丁や、水差し、油の壺が暖炉のそばに並んでいた。
効率の良い順序、機能的な道具の連なり、それが実用から生まれた美しさになる。



憧れは遠いが、意識を持つことがいつか一歩となるように。
キッチンというより台所、そして厨房、供するものがいつも幸せに繋がる場所であるように。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-03-28 22:50 | 雑貨

ピーちゃん

出先でメジちゃんを見かけたり、

はたまた、お庭にいろんなぴーちゃんがやってくるおうちは、いいなぁ・・・。




と思っていたある春の日、お届け物が。身長約4センチ。

f0172925_0132349.jpg





友人曰く、世界最小の新築祝。

しかし、窓辺のキッチンの壁に置くと、部屋の向こう側にまでプリズムが届きます。




春を運んできた、うちのぴーちゃん。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-03-16 00:20 | 雑貨

琺瑯好き

f0172925_220307.jpg

義姉と義妹がいて、新居に何かくれるという話になり・・・
趣味の違いを知っている私は、頭をうううううんと悩ませて、
忙しいから買い物にも出かけられないと思うので・・・
(因みに義妹の新築祝いは言われたとおりホットプレート)
と、言って、カタログをドッグイヤーにして手渡し・・・。



そして我が家に訪れた品(あと靴べらね)
配達先は家ではないという遠回りで;^^


白いのは米びつです。
DANSKの琺瑯など欲しいと思うけど、それは、自分で買うように世の中は出来ている。
少なくとも私の周りでは。






義母が持ってきてくれた小鉢。
擦った物をここで和えて出せるという。デビューはまだですが。
f0172925_2204475.jpg
f0172925_2205553.jpg

[PR]
by yocchi0220 | 2010-03-04 22:08 | 雑貨

はるばる海を越えて2

さて、ばりばりとダンボールを開けて・・・
(ダンボールの女の子はお菓子のパッケージらしいけど、今回の品とは無関係)

f0172925_11462422.jpg

キャンディーカラーの緩衝材の中から出てきたものは・・・

f0172925_11473597.jpg

鍋?





これは、「パン(ブレッド)ウォーマー」なるもので、アメリカからある方を介して
送られてきたもの。私も初めて現物を見たのであった。
f0172925_1159164.jpg

パンチングされたざるのようなボウルを水をはった本体にのせて、鍋にかけ、
ようは、「蒸かす」のだと思う。直接炊いてたら、アルミの鍋がボコボコになるであろうから・・・。
でも、想像だけど(いい加減)。


しかし、我が家はガスが無いでがす。(さむっ
ずっとガラスのフルーツコンポート(リンゴが入るくらいのガッシリしたビンテージもの)
を探しているのだけど、なかなか帯に短し襷に長し。

ミスマッチの感覚がなかなかいいのでは?という
海外面白オークションの先達の発案のもと届いたこの鍋(って言っていいよね、もう)


f0172925_11475528.jpg

リンゴが積まれたり


f0172925_1148493.jpg

菓子が入ってみたり



f0172925_11481627.jpg

木のカウンターに乗ってもよし。
タイルの上もよし。




うちの一員になりました。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-02-28 12:08 | 雑貨

はるばる海を越えて

f0172925_1752340.jpg


何かが届きました。微笑みとともに。







f0172925_1755357.jpg


なんだ?

続く。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-02-27 17:06 | 雑貨

スチームクリーム

派遣パート先で、隣の女性から強烈なローズの香り。

ん?と思って視線を向けると、そこにはロクシタンのハンドクリーム。



とにかく、紙を扱う仕事なので、指先には両手4本、多いときには6本の指サック。

それでも、手が荒れて、紙が扱いにくいときがある。

私は酷いときには、手から血が出るほどの荒れ性なので、ユースキンを持ち歩いて

あの独特の香りを漂わせる女であった。いや、それはそれでいいとして。




どこかでみかけた、顔からつま先まで髪にもつけられる全身クリーム!のうたい文句

と、そのパッケージに惹かれて、買いたいと思っていたスチームクリーム

近くのPLAZAが撤退してしまい、買うすべをなくし、ネットで取り寄せるか・・・と

迷っているうちに、もう冬が終わり、ユースキンもそこをつく勢い・・・

ふと寄った外出先で見つけて、速攻買い。

f0172925_11432413.jpg

他に5種類くらいのパッケージがあったのに、なぜかこれ。

子供の時から好きな配色。そしてキラキラ。










使い心地はですね、もっとフワッフワなクリームかと思いましたが、そうでもなく、

こっくりしております。伸びはいいかな。でもあまりにも乾燥しきっているためか

私の手にはすぐ吸収されきっちゃうのですよ。

顔には付けてみましたが、もうちょっと、緩やかなもののほうがいいかも。

これは口コミサイトで分かれていますが、香りがネックだとおもわれます。






ハーブ系なのですよ。天然香料。ラベンダーが強すぎるって方も多いみたい。

で、正直に言うと、確かに、ラベンダーなんだけど(メインの香りは)私に

もっともインスピレーションを与えたこの香り・・・ずばり、アレに似ている。

















「オロナイン」。















ユースキンからオロナインへとバージョン・・・アップ?

よかったら、あなたも是非。

f0172925_11505595.jpg

[PR]
by yocchi0220 | 2010-02-15 11:54 | 雑貨