カテゴリ:雑貨( 45 )

ついに買いました

f0172925_940503.jpg


ついに念願の無印のアロマディフューザーを購入。

今穏やかな気持ちになるというオレンジ系の香りをたいてます。

なんだかとても嬉しい。









昨日は造影剤を入れてね、CT検査を受けたのでした。

心配は徒労に終わったのですが、またMRIを受けることになってしまいました。

やれやれ。








「首からお尻まで熱くなりますが、自然なことですので大丈夫ですよ~」

と看護士さんに言われるまま、タイムトラベラーになっちゃうようなサークルの中に

入っていくわけです。

さて、「熱くなっちゃう」ってどんな?!と思ってたら、あなた、一瞬でガーーーーーーッて。

本当にこんなに早く血が体を駆け巡っているんだ!!!と私は不思議な感動を覚えるほど

だったのです!!!

つまり、造影剤が血の通して体を駆け巡っているわけですもんねぇ。







次回のMRIは磁気ですので被爆はしなくていいというだけありがたい。

でも、磁波だってそうそう体にいいからひとっ波浴びてくらぁなんてもんじゃないから

本当はあんまりありがたくもないんでしょうケド。






この間また気持ちがいろいろ揺れるとは思いますが、ま、目の前にあることを淡々と

こなしていこうと思ってます。






さて、先日バイトの仕事のからみで「更年期障害」の講座を受講いたしました。

45歳からの5年間で山が始まり、50をピークに5年間。だいたい10年が更年期の一山。

そのうちの2~3割が「更年期障害」と病名がつく疾患を持つということ。

更年期を迎える人すべてが更年期障害になるわけではないけれど、様々な変化が

身体に訪れ始め、そして去っていくということ。

たとえば生理の間隔が狭くなったり、痛みが重くなるのは、脳が、まだまだいけるぜ俺!って

焦り始めて指令が力技になってきているからだとか、皮膚科のトラブル、整形外科のトラブル

で、通院された患者の(特に整形外科で多い。20%超え)疾患原因は実は更年期障害の

外来に来るのがふさわしい症例であったとか。

身体におこる不定愁訴は、皮膚のトラブル、手足の痛み、めまい、はきけ、頭痛、うつ…etc

そしてご存知ホットフラッシュ。

諸外国に比べて物凄くホルモン療法に消極的な日本。一次期発癌リスクが高まると言われ、

極端に敬遠されているという話。担当された先生の話では、ホルモンの貼り薬をしていた時は

本当に快調だったと。でもその2年間はきっちり検査を受け続けました。とおっしゃっていた。

で、止めた2週間に多少のホットフラッシュがあって自然に消えて行ったのだそう。

選択は迷うかもしれないけれど、選択できるのは幸せなことなのだ。

世の中、物凄い変化を続けていくけれど、私達生物の体の仕組みっていうのは

変わらない。変わった生活によって以前とは違った変化が今までは「歪」みとされたけど、

それが、これからの当たり前になっていくんでしょうね。2足歩行と同時発生のの腰痛と同じで。








さて、次なる大きな検診まで1ケ月。

相変わらずチョコチョコと落ち着かない日々ですが、ちょいと自分のポンコツの体のメンテナンスを

出来る範囲で真剣に取り組む覚悟を致しました。

でも、もちろんそんなに難しいことはできないけど、これなら続けられるってことからね。






1.体を温めることを常に考える。

  腹巻、カイロ、靴下などなど下半身を温めます。

  朝は生姜の紅茶など飲んでます。


2.下半身の筋肉強化を考える。

  要は、歩いて筋肉つけるってことで、なかなか続かず目をそらしていた万歩計の歩数チェック

  から、簡単な体操を始めてみます。


3.食生活の記録をつける。

  食べたもんが体を作るけど、私の場合食べもんが体を壊すこともあるので。


4.よく笑うこと

  これが一番大事。










さて、実は今回、気の弱い私はいろいろ考え過ぎて、体が不健康にしぼんでしまいました;^^

今51キロという、あの夏宣言した時よりなんと10キロ!!痩せてますのよ!!








でもね、ちっとも綺麗じゃないの。

だって、たるんたるんなんだもーーーーーん。














なので、


5.アンチエイジングに励んじゃう










で、お肌と生活にハリハリを取り戻すべく頑張ってみます!!

あの夏宣言したみたいに、公言すればやらねばならぬ。

お尻に火がつかないとやらない性格の私をあなたももうご存知でしょう~?

だれより、ずぼらな私のこと、嫌になるくらい身に染みてるのは私なんだけど(笑)

f0172925_10123961.jpg


頼むぜ!腹巻!!












あ、そういえば、痩せたのでスカートの下に、そしてスラックス(死語)の下に、余裕で腹巻が

巻けますの~。まぁ、どれだけ太いウェストだったっちゅう話なんですけどね。あはははは。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-02-02 10:13 | 雑貨

干支モノ

f0172925_20365086.jpg

お正月も、もう終わりますね。

今年の玄関、テーマは…どう?という私の問いかけに「XJAPAN」とツレが言う。

ううむ…。

せっかく用意した水仙が全く入らなかった。ジャパーン(T_T)





さて、こちらの地域には「だるま市」なるものがありまして。

国道をその日はメイン通りにして、だるま屋さんが威勢よく、だるまや、招き猫を売り

その他熊手や、お飾り、縁起物、各種露天などが道の両端を埋めて、いったいこの

地域のどこにこんな人がいたんだろう?という具合のにぎわいをみせるのです。




夜の厳しい寒さの中裸電球に照らされた赤いだるまの山は、とても綺麗。

しっかーし、その日バイトだった私、カメラのバッテリーが終わっていたのをついつい

忙しさを言い訳に後回しにしていて、今回全く写真が撮れなかった。

撮りたいものあったのに…。




今はフル充電。

何でも来い!(って、もう遅いちゅうねん)




寒風で耳か鼻が道の途中で落ちるんじゃないか?と思いながら

タイヤキとベビーカステラとクレープとサザエの串焼きとリンゴ飴買って歩きます。

で、途中見つけた「干支モノ」もうひとつ惹かれたのがあって…でも…写真がない。

ツレに言わすと、丸善に売ってたのと同じ。これ、買おうかと迷ったんだけど…。

ええ、私も迷いましたとも。

でも、結局買ったのはこれ。


f0172925_20341391.jpg


最初に露店のおじさんから買ったのが赤いの。

で、家の近くのカフェの店頭に売ってたのが白いの。








これがずらりと並んで売られている様が…やっぱり写真に撮りたかった。とほほ。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-01-11 20:40 | 雑貨

行って来るのだ

f0172925_1094662.jpg

朝、学校で朗読をし、お届けものを一件すませ…では、行って来る!





さて、どこへ…
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-06 10:09 | 雑貨

再びのフリマ

できれば益子まで足を延ばしたかったところだけれど(秋の陶器市開催中)
いろいろで断念した今年。

そして、半分の時間で行けるところにフリマを発見しまして。

f0172925_8193625.jpg

こんなものをまた買い付けてきちゃったよ。

オランダのDELFT陶器の牛。デルフトブルーでなく、緑ですが、手描きの感じが好き。
オランダで7~8千円したんだよ…という言葉を信じておこう。決して調べないもんね。

そして、タイルでできたケーキのミニチュア…これ、どうするんだよってものなんだけど、まぁ、ね。
欲しかったんだもん!!

f0172925_81954100.jpg









f0172925_8201558.jpg

家族1が、前から欲しがっていたモルテンのボールが1000円!
その他に、洗濯洗剤買ったり、ツレが町内の会計係り用の金庫を買ったり、結構楽しんできました。


で、寄り道も。

それはまた次回。

んだば、パートに行ってくる!
[PR]
by yocchi0220 | 2010-11-04 08:35 | 雑貨

バザーの買い物

バザーに参加していても、それはいっつも主催者側であって、

純粋に買い物を楽しむということがほとんどない私であるけれど、

今回、ちょっとの時間をもらって買い手に回ることができて、手に入れたもの。

ジャーン

f0172925_2134425.jpg


ガラスのボールはHOYAのものでありましたぞなもし。(大きさの比較の為カメラケースを配置)

お値段は,、なんと200円なり。



やっぱり洗いづらいのが珠にキズ~。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-09-24 21:35 | 雑貨

フエキ糊ってしってるかい?

f0172925_2254316.jpg

これがフエキ糊の動物シリーズ。




子供のころ、糊といえば、緑色のプラスチックのチューブ、黄色いキャップの

「やまと糊=でんぷんのり」であった。

そして、小学生も中学年になると、セメダインの三角で赤いキャップ、薄黄色の半透明の液体糊

(最近はアラビック糊しかみないけど、確かにセメダイン社だったと思う)にとってかわり、

それを下敷きなどに塗っておいて(ツーンとにおうのだが)授業中にまだかまだかと乾くのを待って、

ようよう乾いたその糊をそぉーーーーーっとはがすのが

糊の正しい使い方であった。

日焼けの皮をむくように、何とも言えないあの快感。

調子に乗って、下敷き全部に糊を伸ばしたばかものは私である。





のちに、ピットなるスティック状の糊が世の中を席巻した。

ピットを使う頃にはもう、少女は大人の階段を上ってしまうのである。

足元にはソックタッチなのである。乙女はべたつかないのである。







と、すると今回の「フエキ糊」とは、どの段階で使うものなのか?

そう、このフエキ糊は、でんぷん糊のボトル版。チューブのキャップを閉められない

年少児対応の糊なのである。

で、近年、このフエキ糊の赤い帽子、黄色い顔のキャラクターが「フエキくん」として独り立ち

いや、一人歩きを始めたらしい。

調べて驚くフエキ君のフエキファンファクトリー!!スペシャルサイトへぜひ!!

フエキエアラインにはもう口をあんぐりである。いやぁ、感心感心。











私はそんなにこのポップな「フエキくん」に思い入れはないのだけれど…

f0172925_22432216.jpg


実はあるルートより私のもとにやってきたのです。

でも、もしなんなら、フエキ折りたたみ携帯が欲しい…あなたは、どれを?
[PR]
by yocchi0220 | 2010-09-21 23:09 | 雑貨

チュニジア土産がやってきた

f0172925_22503692.jpg


地図帳を観ないと、いったいそこがどこだかようわからん国へ旅することが非常に多い

わが姉夫婦が今回選んだのはチュニジアでありました。

この姉が、中近東フリークでして。ええ。また、この兄が強引なアラビア語を使いましてね。

姉にしてみりゃ、赤面の間違いもなんとなく通じさせてしまうという、こう、どこの国でも不思議と

会話を成り立たせてしまう、特異なキャラの義兄。なつっこいっていうかなんていうかね。

そういう人いません?本当に不思議なんですけど。






ま、この夫婦の話は置いといて。

チュニジアって、フランス統治の時代があり、その色が濃く残っている…というイメージ。

白に青い窓枠の絵面が有名かな。しかし…実はどこにあるのか…北アフリカの…うううん(無知)。






f0172925_22515274.jpg

姉はこんなところを歩いたのかな。

f0172925_22595884.jpg

どちらのドアを開けたのだろう。








救ってくれる手、石でできたオリーブの壁掛け、そして…高級デーツ

さて、お味は…
[PR]
by yocchi0220 | 2010-09-13 23:02 | 雑貨

衝動買いの器

f0172925_17425638.jpg


先日よったガラスの工場とお店で、キューリのサラダなんて大量に乗せてみたらどうか?!

などと考えつつ手に取り、しばらく考え再度置き…

そして、隣の売り場で見たものは、少し大きくて箱に入らない…いわゆるアウトレット。

買いましたがな。即決。1260円なり。



ぐふふふ。涼やか。






しかし…











洗いずらい。




























重くて。(;_:)






お店の前の川のフェンスはみんな違うガラス模様が施され。
f0172925_17432553.jpg

f0172925_17434368.jpg
f0172925_17435982.jpg





蒸し暑い曇天。しかし、空には虹が。
f0172925_17441916.jpg








きっと、きっと、いいこともあるんだよ。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-08-09 17:45 | 雑貨

姉が参戦ということは…

f0172925_9532086.jpg



夏になりました。

もうこちら連日の38度超えであります。

車のサーモメーターは外気温が41度だっていうじゃぁありませんか。







姉がO県から里帰りを兼ねて、例年の実家の手伝いにやって来ている。

1000個からの注文もひと段落。

そして、配達配達配達。

じぃさん(父)の伝票にミスがあったり、配達日が違っていたり、お客さんの思い違いがあったり

なかなかスルッとツルッと仕事は終わらない。

ま、仕事とはたいていそんなもんです。






目に入る汗が痛い。

では、皆様熱中症にはくれぐれもお気をつけてくださいまし!

(お茶ばかり飲んでいたら、足が黄緑色っぽくなってしまったよっち。栄養失調か?!)
[PR]
by yocchi0220 | 2010-07-22 09:57 | 雑貨

二郎さんの椅子

f0172925_811676.jpg



はるばる岡山から(姉夫婦在住)歩いて来た「二郎さんの椅子」

姉夫婦が惚れ込んで以前、もっと大きな椅子(あ、二郎さんいわく こしかけ )

を購入していた。そして、そのすわり心地の良さと在り様に、当時手術したてで、椅子がなくては

ならぬ母の為にまた購入して送ってくれていた。



今回、新築したうちにどうだ?と義兄からの暖かいお言葉もあったのだが、

個数が欲しかったのもあって、金額もなぁ…サイズもなぁ…と、断念するつもりであった。




しかし、やはり縁あってか、この人が歩いてやってきたのである。

姉のところのものと比べると、お孫さんかと思う、ちょいかけサイズ。

来たるべくして来たような。我が家の一員。材は楠。足は裏山の雑木。座面は楕円形。



f0172925_82512.jpg


山本二郎さんというお方は、庭園管理をされている方だそうである。

年に一回倉敷のギャラリーで作品展が開催される。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-06-02 08:09 | 雑貨