カテゴリ:作る( 18 )

ラベンダーの…

うちの前のちいさな荒れ地に(なかなか思い描く庭と呼べないまま)

ほったらかしだったラベンダーが一株花を咲かせ始めた。




ちょうど、職場で小さなセミナーがあった時に、

テーブルの上に何かあったほうがよかろう

ということで、ラベンダーを切って、タンブラーに挿し、

テーブルの上にのせたところ、

割と深刻なセミナーの間、それがほのかに香り、

通訳の友人が、少しくれないか?と言って初めて

あ、この花はもっと誰かの役に立てるはず…

と思ったのだった。





セミナー終了後、花を全部彼女に渡し、とても喜ばれてなんだか嬉しくて

いそいそと家に帰り、PC前に直行。

植えっぱなしだったラベンダーに剪定が必要だったことを

改めて調べ直し、ついでにラベンダーの利用法も調べたところ

その香りを楽しむべく、いろいろできることがあるではないか!と

いまさら気づく次第。

香りの為には、花が2つほど開いたくらいがいいということで

では、さっそく…水道脇のラベンダーを切り取るとするかな






ボッサボサだけど
f0172925_10402770.jpg





上から2段目から3段目の葉の間を切るとよい…そうだけど、一本一本チョキチョキでは

まぁ、時間のかかること。

北海道のラベンダー畑の選定はカマで熟練のおばちゃん達がザックリザックリと刈っていた。

動画をアップされている園芸愛好家の方も結構大胆にハサミでシャキシャキと切っていた。

でも、それは、あなた、熟練の方ということで。

なにせ、初めてだし…


f0172925_10441437.jpg


ハァハァ…

午前10時くらいまでに済ますべし。(香りの為に)

という教えを守ろうと思ったけど、あんまり手間取って、5月の紫外線で

チリチリとやられていく感じ。








加工するには1日~2日日陰で干して…

とのこと。


さてと。




いまのところ、成果物は…蚊に刺されたことだけ(T_T)
[PR]
by yocchi0220 | 2012-06-08 10:48 | 作る

デジャヴ

今この年の瀬に、こうも毎年進歩がないものか!と感心することが繰り広げられている。

それは…



















年賀状。















いや、あの、通常のお付き合いの方用のは済んでるんです。

通常じゃないお付き合いの方ってどんな?

って言われると困るんだけど、

要は、プリンタで全てを済ませてしまうと、やり残した感がありまして。













今回見つけたのがこれ

f0172925_21563544.jpg


簡単シルクスクリーン。切り抜きタイプ。

何が簡単かって…それはさ、



















メーカーの作りが簡単なわけ。




ま、予想はしていたんだけどね。

f0172925_21582820.jpg


カットを切り抜いて、版に張り込み、

f0172925_21591315.jpg


刷るのみ!













さて、出来上がりは…たった10枚でしたが…


そのうちどうも、まともなのは…

f0172925_2204356.jpg


小正月には届くと思うの。待っててくださるかしら。

インクが一日たっても全然乾かない!!










今年も課題を残して来年にリベンジだ!!!
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-29 22:07 | 作る

秋色

さて、最近なんだかんだと髪振り乱している状態でちっとも落ち着かない。

アップしたいことは沢山あるのだけど、観たいブログにもちっとも行けず。

お元気ですか。






そんな秋でございます。






さて、ほったらかしの荒れ地にも秋が参りまして。

今年の暑さで今イチどころか今サンくらいの菊も咲き始めました。

今年、姉のところから無期限で借りている備前。

あまりの大きさに入れる花がなく、パンダのぬいぐるみとか入れてたんだけど、

ようやく真骨頂を発揮しました。


f0172925_8305263.jpg



玄関にね。





その日にちょうど父来る。

うちの荒れ地には今年黄色い菊が咲かなかったという娘の話を聞き、

その数時間後に…









f0172925_2255666.jpg


父の菊も仲間入り。









あなたの街、秋色でしょうか?
[PR]
by yocchi0220 | 2010-11-16 21:33 | 作る

とある日曜日

朝、8時半に「当日便」でお願いします!と髪を振り乱した女が

クロネコに駆け込む。

今回はゴルフのカットだった。

続けようか迷っているうちに既に締め切りが決まっていたのだ。

f0172925_2002139.jpg





少しふらついたけど、なんとか明け方の突貫仕事でギリギリ間に合った・・・。

そして、この日、誕生日の家族がいて、遅朝ごはんの後にケーキを焼く。

f0172925_2021666.jpg


デコレーションに失敗しつつなんとか完成。

f0172925_202597.jpg


味はそこそこだけど、私の作るスポンジはいつも重たいカンジ。

一言で言うと、非常に「ガッシリしている」。

噛みごたえまであって、ケーキには本来いらない満足感倍増。



スポンジが焼きあがるまで、しばし思いを馳せる。





この日、12歳の誕生日だった人は

2歳の時、風呂で転び、後頭部をぱっくり切って、5針縫い
4歳で小児喘息で緊急入院し
6歳で歩道で転んで前歯を折り、
9歳で雨上がりのグレーチングの上で転んで腕を折り、
10歳の誕生日の日に、私の前で車にはね飛ばされたのだった。








あまりの衝撃にあれ以来、毎年の誕生日は私にとって少し不安な日だ。

そして、今回、何事も無くこの日を迎えられた。

なにはともあれ、オメデトウ。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-03-02 20:36 | 作る

猫×30匹

f0172925_9283867.jpg

バザーへの出展を頼まれて、作った猫。
いろんな柄で30匹。燃え尽きました。
写真を忘れて納品してしまったので、残った2匹だけをアップ。
もう少し顔が上にむいているのだけど、作者と同じようにちとうつむき加減。

これは、中に洗濯ばさみが入っていて、(物干し竿をつかむタイプの)
前足で挟んで、いろんなところにくっつけるもの。



f0172925_9312330.jpg

これは、先日、抜け殻状態で作った発掘牛乳寒。懐かしい味だった。

f0172925_9321049.jpg

家の打ち合わせの帰りに立ち寄ったラーメン屋さんの焼きそば(地域の名物)
麺が太くて食べ応えあり。

バザーの手伝いでしょ
地区の運動会でしょ
地域のお祭りでしょ

f0172925_9354756.jpg

秋は怒涛のごとく休日を埋める。家の打ち合わせももう少し。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-10-02 09:35 | 作る

ヒツジのマフラー

朝、雪の町並みを見て、今日は篭る!と覚悟を決める。
たんすの中から持ち出したのは・・・
f0172925_22441827.jpg



これ。
近くのお店で、安くなっていたのを、クリスマス前に買っておいたものだった。
プードルを模したみたいなのだけど・・・。残っていたのは黒と白、ベージュ。
頭の中にそのときは確かに「クリスマス前に」と思った記憶が。


で、すっかり世間は春の便りである。
たんすの中も整理しなくてはならぬ。すっかり忘れていたのならいいのに、中途半端に
思い出してしまったからたちが悪い。

そこで、やるきモードを出し、「♪冬が来る前に~♪」を無理やり「♪冬が終わる前に~♪」
と字余りな歌を口づさみながら製作に入った。



・・・・・・のだ。



しかし、そのやる気は、たった数分で消えうせる。
この布。想像力がある方はすぐにわかるはずなのであるが、私のようなうすらぼんやり
生きている者には、皆目見当がつかなかった。

これ、まず切らなきゃね。はさみで。
で、どうなるかって、ね?










このくるくるの巻き毛が一緒に切れるのよ。当たり前だけど。あたり一面、細かい毛の地獄
くしゃみは出るし、出ると毛は飛ぶし、雑巾でふき取ろうとしても静電気でいろんなところに
くっつきまくるし、焦れば焦るほど周囲や顔にまとわりつく毛、毛、毛・・・。
もう掃除機を片手に、阿鼻叫喚、鼻粘膜細毛張付不可能拭取の刑でございました。


で、一気にね、やる気が失せてね。
だって、ミシンより掃除機だもん。


しつけどころか、マチ針もうたず・・・。


しかも!!この布がよく曲がるっていうか、くるくる巻いちゃうのよ。


きぃーってなりながら
だだだだだだだだだっと作ったのが

f0172925_22443392.jpg


これ。
ちなみに、もう着られなくなった家族の服を裏地に利用しました。





f0172925_22444942.jpg

キルト芯を入れたので予想以上に暖かいです。
思ったより肌触りもいい。なんだか悔しいが
実は巻くとうっとりしてしまうほど気持ちいいのだった。






もちろん、ひよりまくり。

もちろん、私用ではありません。

もちろん、残り布のことはすっかり忘れました。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-02-20 22:44 | 作る

マスク!マスク!マスク!

f0172925_15161342.jpg




花粉症にはガーゼのマスクは、役に立たないと思う。
風邪のときも今は、不撚布のウィルスに有効なものでなければ・・・・

でも、まだこのガーゼを必要とする場がありまして。
給食当番って役職です。はい。
普段、100円ショップで3枚入を買います。うっすいガーゼでペッラペラなので、
必死にアイロンがけをしないと、くちゃっとなります。耳のゴムなんか数回で、
伸びちゃうのを諦めていた時、手作りのマスクを貰い、あ!こりゃ作ればいいんだ・・・と。
で、ある日いきなりとびだしたのです・・・って11っぴきのねこ・・・じゃなくて、やる気がね。
いろいろな作り方を試しながら、折り方、縫い方試行錯誤して、慣れたころには布が
終わってしまった・・・全16枚ひたすら作り続けまして。サイズがまちまちなのもご愛嬌。

しかし、ガーゼ生地も布屋さんで買うと結構お高くて、おまけに、このマスク用のゴム
ってのも必要ですし、結果、作ったからといってお安く済むわけでは絶対ないという
結論です。ま、ただ、生地しっかりしているだけ、型はくずれない・・・と。

ゴムを替えて使い続けましょう。
[PR]
by yocchi0220 | 2009-02-07 15:17 | 作る

計画性の無さの集大成

f0172925_1420109.jpg


みなさん、素敵なクリスマスをおすごぉしぃだったわけぇ?(ミル姉さん風に)
駆け足の準備、駆け足の当日、駆け足の後片付け・・・そして息切れ。

これ何かって…年賀状ですよ。今頃…(T_T)

頼りにしていたプリントゴッコが使えなくなったこと間際にわかり(前から怪しかったのだが)立ち尽くしても仕方なく…かと言って洒落た写真もない。私の年賀状暦に手仕事の無いものはかつて一度も登場しなかった。完全アナログ人間だったので、この際、パソコンのプリンターを思い切って買い替えようという話しが出たところで、ツレが「インクジェット用のハガキじゃないよ…」

で、無謀にも私は版画を選択したのですが…本当に無謀だった。構想と彫り上げるまで数日。たった今昼夜2日間の刷りの作業が終わり120枚の印刷が終了~(油性インクの乾きが悪く・・オマケに、4版の多色刷り・・・ばかばかよっちのばか)。

終わってみれば、なけなしのヘソクリで買ったソレイアードのコタツカバーに油性インクがベットリ付いているのが見つかったり、カーペットにもとんでいたり、指先はインクの染みだらけだし、顔も染みだらけだし、腹はもともと黒いし、散々である。

でも一番悲しいのはズバリ「出来」である。どうも汚いのだよ。インクの汚れで。コツに気付くのが、いや、気付いていたが面倒臭いので手を抜いた結果が汚れに繋がり…回る因果はシシカバブなのでしたとさ。

さて、今からましなのを選びつつ宛名書きでございます。あ~小正月には届きますので関係者の皆様お許し下さい。


追伸:朦朧と版画してたら2008と彫ってまして、印刷する直前にツレに「まじ?」と。
    本当に私という人間の集大成のような年末。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-28 14:20 | 作る

叔母とのコラボレーション

f0172925_1749512.jpg


叔母がニットソーイングを趣味にしていて、ニット生地を手に入れると、パパッと
いろいろ作ってくれる。ほとんどパジャマは叔母製。
で、今回ピンクの生地が余ったということで、プレーンなカットソーが2枚届いた。
1枚は起毛タイプの生地で、ちょいとしたセーターみたいだったので、むくむくと
気持が湧き上がり、以前がざねえさんところで紹介していた、フェルトをチクチク
やってみて、目は古いボタンを買っておいたの付けてみて。もうちょっと寂しかったから、
リボンも作って付けてみたら・・・あらあら、夜なべになっってしまいましたとさ。

ところが・・・着て貰おうと思った人には



                  不評なのでした・・・(確かに写真では目が光っている)


f0172925_1803746.jpg




  

                       「怖い・・・」       だって。



                                            リベンジだ!
[PR]
by yocchi0220 | 2008-12-23 18:08 | 作る

今日の買い物と縫い物

私の住んでいる地方はあまり歴史のある有名なお祭りはございませんが、
田舎町にありがちなお祭りがこの週末に開催されます。
金木犀の香るこの時期は、祭りの時期でもあります。
この頃、夕方ともなると、いろいろな町内からお囃子の練習の音が響くのです。。

さて、今日の買い物は週末に私が履く足袋と草履。お祭り用ですから、
草履は本当に安いものです。周りが赤い鼻緒ばかりなので、脱ぎ履きした時
どれがどれやら分からなくなるため、敢えて鼻緒の色を深い小豆色にしました。

祭り仕度の専門店がありまして、そこで、巾着を物色しておりましたら、手ぬぐい
の生地でできたフツーの巾着が、1600円なり。こりゃ給食袋?ってくらいの
フツーさ。購入する気力も金力もないので、諦めようとしたその時、目に留まった
ハギレ。かごの中に入っているそのビニール袋に書いてある値段は250円!!
ちょっと考えて、2つ購入。そして、家にあった赤い布を紐通すところに多めに併せまして・・・・

f0172925_20561868.jpg


帯地ですかねえ、花嫁の内掛けのような生地にも思えるのですが、幅からいって
やはり帯地かな。これには赤を併せたいとすぐ思ったのですが、黒もよかったなあ。
物凄く雰囲気が大人で、渋く(当たり前ですが)なってね。
この写真では分かりづらいのですが、キラキラした金糸があしらわれ、つややかな
古典柄で綺麗なのでした。しかし、この生地は思ったよりずっと扱いにくかった・・・。
赤い布地の方はも少し薄くて簡単でした。鶴の方はもう少し鶴の布面積が少ない方が粋な
気もするけど、物を入れると大分シルエットも変わるから様子見です。紐は明日太いのを買い、
玉も見てこようかと。本当は両端から紐で絞るタイプがよかったのですが、なるべく
生地を切りたくなかったので、片側だけの巾着にしてしまいました。

奥さん!!今なら巾着3つセット!!これでお値段500円!!

通販番組のノリで結構嬉しいものの、3つ必要あったんか?と言われると、うにゃうにゃ・・・
と尻つぼみになるのでした。

準備万端
[PR]
by yocchi0220 | 2008-10-09 20:44 | 作る