カテゴリ:出かける( 73 )

西にはあるんだ♪   その3

ルミナリエの輝きに圧倒された私、人の波の流れるままに歩いておりました。

すると、ルミナリエのアーチからほど近くは、まさに「ルミナリエ祭」と思わせるような

公式グッズはもちろんのこと、数々の露店が立ち並んでいるのでした。





ええっ?西では、露店でいちご大福を!
f0172925_10565862.jpg






そして、ここ!
f0172925_10584299.jpg


タイヤキパフェ!!

ぐおっとこじ開けられたタイヤキの口にいろんなものが詰め込まれてのっている…

やっぱり、買えばよがっだがも?




でね、私が今回の旅で気づいたことなんだけど…

ここのルミナリエの周りの露店屋さんの5軒、いやぁ3軒に1軒は「ベビーカステラ」屋だった!

あたり一面に漂う甘いはちみつの香り。

今ブーム?

それとも、神戸の露店といえばベビーカステラ?!

やっぱり、このルミナリエの景色にソースの香りが(東では焼きそばやらお好み焼きやらで

ソースの香りが人を呼ぶ)合わないと判断?

ただただ神戸の人がカステラ好き?


謎なのであった。




市役所前には何やら別の行列。どうやら展望ホールからルミナリエを見下ろせるらしい。

ええい、ここまで来たのならと、展望ホールからの景色も楽しんできましたよ。

そしたら、(写真には撮れなかった。隣のデジイチ男性もこれは駄目ですわ…と言ってたもの)

回廊は見えないんだけど、どうやら、見逃したところもあるみたい。

まあるく青く、メリーゴウランドみたいな大きな光の輪もありました。

沢山の人がいるもんだなぁと感心しつつホテルに戻ってひとごごち。











f0172925_1123649.jpg

初日にして既にいろいろ買いこんだものをバックから取り出し、呆けていると…

ちょっと、アナタ、荷物広げ過ぎ!

という姉の声。





やべっ。





そういえば、あっちにもこっちにも私のモノが散らかっている…

20年前の旅行先でもベッドに荷物を広げた私が、それをざざざざざーーーーっとわきによけ

横になるのを観た親友が

「そのまま寝たら絶対に許さない!」

と言ったのを思い出す。





ああ人間そうそう変われないのねぇ。








姉を怒らすとおっかないし、いいことが全くないので、すぐさま、腰をあげ、のろのろと

片づけたのでした。

でも、実はこの一日が興奮しすぎたのか、本当に眠れなかったのね。

ホテルは枕を変えてくれるサービスをしているので、試したけどようやく明け方に寝る寝る。





そして翌朝の部屋からの風景をパチリ。
f0172925_113356.jpg


朝ごはんのビュッフェは和食に洋食にさすが、神戸、中華もあったりして豪華でした。

近くの席の外国人のグループさんも満足そうですのよ。









さて、すぐ裏手のハーブ園のロープウェイに乗って景観を楽しんだ後、

いよいよ神戸2日目。北野方面へと歩き出します。

そういえば、関東はすっかり枯れ葉になっていた景色、まさか西で紅葉が観られるとは…
f0172925_1133461.jpg







ここは坂坂坂坂…それも急こう配。尾道もそうだったけかなぁと古い記憶を呼び戻す。
f0172925_1144986.jpg







そして、もうちょっと旅は続く
[PR]
by yocchi0220 | 2011-12-21 11:18 | 出かける

西にはあるんだ♪   その2

いまさっき1時間かけて打ち込んだのに…フリーズしてしまった…。

打ち直し。やれやれ。

大きな大きなイベントが終わって、生活も一段落したので、それでもまだ気持ちに余裕が。

そうでなければふて寝だったね。






さて、神戸歩きはじまりました。
f0172925_23504884.jpg

同じところを歩いているんだな。それが。その差30分とみた。
この時は、まだ、混むならいいやルミナリエ。なのであって、近く通ってチラ見ができれば
いいよ。カップルばかりだというし…などと言い放ち、姉に、チラ見なんぞができるような
仕組みではないと甘い考えを一蹴されたのであった。

じゃ、なおさらいいかな…といいつつ大丸前を歩く。



その中私の興味をひいた続々集まる警備員の集団。あ、あちらからは警察も!
直径100メートルの中であちこちミーティングが始まります。
f0172925_23522081.jpg



そして、歩き始めて嬉しかったのは、この街の風格と歴史のあるビルが、上手く活かされて
いるということ。うちの町の無粋な長よ、ここに来給え!!え?!と頭に少々血がのぼる。
f0172925_23152241.jpg

ここはインテリアや、家具のテナントになっていた。



f0172925_23593160.jpg

こちらの古いビルは回転ドアが!カレー屋さんなのかな。アパレルの入ったビルもとっても
いい感じ。




うっとりと眺めながらいくつものビルの前を歩いていくと、今度は現れいでたる雑貨店
EINSHOPをかわきりに、(既にノックアウト状態)ここはトレッペ雑貨店。雑居ビルの
ような建物の2階。確か神戸の街は2階を見上げながら歩くべしとあの人が教えてくれたっけ。

f0172925_2316434.jpg






ここの特徴は何と言ってもこのデンジャラスな階段かと。
踏板の奥行きが20センチないと思われる。つまり、完全に靴がはみでるわけね。
行きはまだいいんだけど、帰りが怖い。手すり必至。
前を降りた女の子達も大騒ぎなので、年寄の私なんかもう、ヒヤヒヤですわ。
f0172925_23172755.jpg





いい感じの雑居ビルの2階は雑貨屋のオンパレード。
お隣さんもお隣さんも。
f0172925_23174314.jpg






この時既にいろいろ買いこんでいる私、どんどこどんどこ歩いて、さすがに座りたいよぅ
何か飲みたいよぅ…でも今何か食べると夕飯が食べられなくなるよぅ…




と姉にぐずり始める。




早ごはんに行きたい店もあったのだけど、まだ準備中の夕暮れ前。




そうだ、あの店に…と
f0172925_0152737.jpg

元町にある喫茶ウィーン。
ああ…落ち着く…足が気持ちが生き返るーーーーー。





その後おせんべいを買い求めに花見屋に行ったところ、ご店主に、
ルミナリエはこれからですか?と問われ、

いいえ、あんまり混んでいるようなのでどうしようかなと考えておりますと
つげたところ、

少し時間をずらしたらいいんですよ。そんなにならばないですよ。
と控えめに、しかし強く見ることを勧められる。





そーかー
それは、もう見る方向で…ということになるか…と腹をきめ、母への土産なんぞを
選びつつ、アーケードを歩く。ここのアーケードは購買層が厚く、80になる母に似合う
ようなものを売るお店から、ケーキの名店まで飽きることが無いカンジ。
実にほどよく庶民的。で、お店の人のものごしが実に優しいのに感激する。



それじゃぁ、夕飯を食べてから…
迷いに迷ったどこも同じような客引きの南京町を通り過ぎ…
あ!と姉がここがあったかということで見つけた吉祥吉
お店の方のお奨めのチャンピオン牛なんて全く手が出ないお値段
(後ろの方は注文してたわ~)なので、迷わず一番お安いコースで。



でもいいんですよ。十分贅沢なお食事でした。小さい~?(写真>実物大)
奥さん!!!牛って美味しかったんですね!!!(って今まで何を食べてたのでしょう?)
f0172925_0202386.jpg






お店に人出がなくバイトが多かったのか、出てこないものがあったり、違ったものが
出てきたりと、何やらバタバタ感がとてつもなく伝わってきたものの、美味いから許す!!
とおおらかな私。美味しいものは人を変える力をもつとみた。



それではと、ルミナリエ方向に進んでみると、みんな小走り。
あれ?姉に言わせるとここはまだまだ進むところだけど、こんなに小走りできたっけ?
との感想。
1時間待つのは今の私には耐えられんよ。と念を押すと…
あれあれあれ、どんどん前に進んでいき…






















それは、本当に目の前に。


f0172925_0421231.jpg


f0172925_0441863.jpg




f0172925_0461698.jpg
f0172925_0464920.jpg
f0172925_0471521.jpg




f0172925_048519.jpg



現れたのでした。

昔大好きだった頂きものの飴の入った缶。チェーンのくさりがついていた。
色とりどりの花や幾何学模様で金や銀やで光っていた六角形の缶。
中は金色。あの缶どこにいったのだろ。



鐘が鳴り響く街。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-12-12 23:18 | 出かける

西にはあるんだ♪   その1

朝6時代の新幹線の人となりました私。
f0172925_23592235.jpg

この選択はどうか?と思いつつ、なにせ慣れない長旅、いや、旅ってもんを一人で、
それも泊りで…はてさて10年ぶりなんていうもんじゃございません。

昔、静岡に行ったとき、ずっと通路で過ごしたせいか、とにかく長かったイメージで
本を用意しましたが、実際、「田村はまだか」と数学の本のそれぞれ、3分の1も
読めませんでした。

行きはあっという間に着いたのです。





もう、最初っから、浮足立ってしまいまして、

在来線の改札に特急券入れたり、新幹線の改札では、乗車券を入れ忘れたり、
2回も改札でシャットアウトされた時には、自分の未開人ぶりに赤面どころか
感心するほどでしたよ。ええ。




今回私が目指した場所は…



神戸でした。







急すぎるこの計画、体調不良により、ギリギリまで計画が進められなかったのですが、婦人科の
受付で、医師が、「大丈夫だったよ~」と告げてわずか2日後、いろいろが決定され実行されたのでした。
岡山に住む姉と落ち合い、神戸を目的地にした時に思い浮かんだのは、







あの人にも会えるのか?!…ということ。







ええ。この旅で、3人の友人に会いました。

初対面の友人
夫の転勤で引っ越していった友人
九州に住まう学生時代の友人

そして、そのうち後者の2人には開口一番こう言われたのでした。

「何故にもっと早く言わん?」






はいはい。私もそうしたかったです(T_T)。











で、初対面なのになぜ友人か…












それは、ブログでオトモダチになってもらった人だからです。
生まれて初めてコメントを書き入れた憧れのブロガーさんであります。







緊張して、急すぎるしダメもとでその方にご連絡いたしましたら、
なんともお優しいご返事が。
もう、血圧あがりますよ。危ない危ない。




土地に不慣れな私の為にホテルのロビーに迎えに
来て下さるというじゃぁあーりませんか!


ぎゃぁ~!!どうしよう!!
11時近くに新神戸駅に降り立ってホテルに到着。

身支度を整えなければ!!初対面なのに!!
既に大荷物を抱え、脇汗、脂汗の大汗でございます。


ああ、どうしよう!フロントに荷物を預けるその時、
ロビーで私は、ついに年賀状でしかお会いしたことのない
その人を発見しましたよ!!






ああ!あれはまさしく、ケロさんだ!!











もうね、しゃっきりしていて、おしゃれで気さくでかっこよくて実にいいんですよ。この方。
「ケロさんですか?」って、聞く私に、

あれ?初対面じゃなかったかな?と思うほど自然に受け入れて下さいまして。
早速、三宮に移動することになりました。
もう、興奮しちゃって、しゃべりまくりでしたよ。
最初はお茶でもという計画だったのですが、どうせならランチを…
という話になり










少し路地を入ったいい感じのお店に案内して頂きました。
(この時緊張のあまり店の写真を撮り忘れる)


私はパスタの入ったランチを。
f0172925_0302465.jpg
f0172925_0305274.jpg
f0172925_0311165.jpg


海老のクリームがとっても濃厚で美味しかった!!
お店も静かで、とっても雰囲気がよかったです。
デザートはパンナコッタにこれ、生姜のソース。甘くてサッパリ。そしてスパイシー。





時間は、あっという間に過ぎて、ケロさんには、姉と待ち合わせていた「そごう」まで
送って頂きました。本当に、何から何までありがとうございました。




後ろ髪ひかれるとはこういうことなんだなぁ…




ケロさんが振る手のひら。



握手して別れればよかったなぁ。



信号が変わって、姿が見えなくなるまで、ずっと見ていました。




きっと、また、今度はいろんなお店に寄りつつ、ああでもない、こうでもない、いんや、ありだとか
言って時間を共にいたしましょう。





きっと会いましょう。














姉とも会えました。

神戸歩きが始まりました。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-12-06 00:43 | 出かける

わたらせ渓谷工芸まつり

zoo







先日の暑すぎるくらいよく晴れた土曜日、実に数週間ぶりのお休みを

汚れた部屋を片付けるには、あまりにも辛くて…逃げた出掛けたのであります。




ここはどこ?
f0172925_8325599.jpg

行先は、この29日・30日に開催されました、わたらせ渓谷工芸まつり



思えば今年は、益子にも笠間にも行けなかった。思い立った松本のクラフトピクニックにも

残念ながら。

で、出かけたのですが、ブースはそうですね、50店舗くらいでしょうか。

工芸っていうのは、民芸とも、いわゆるクラフトともちょっと違うニュアンス。

なので、ある意味幅が広い。客層も広い。

商工会の方々も張り切って露店を切り盛りしてます。

焼きそばのいい匂いもします。



各ブースの反対側にはステージがあって、レディーガガが大音量で流れ

色とりどりの衣装を着たおねぇさん達の一生懸命なダンスパフォーマンス。

いかにも人のよさそうな50代くらいの品の良い男性の司会者が、みなさんを誘って

私も、踊ってま~す!さぁ、ご一緒に、簡単な動きですよ!!



クラフトフェアであれば、勘弁してほしいといったこの音も、「まつり」と言えば不可欠ということか

頑張ってほしい!と心の中で、司会者にエールを送ったのでした。






さて、何に心動かされたかっていうと…
f0172925_8334777.jpg


うわぁ、ガラスのしずくのなかにキノコが!!





か、買わねばなるまいて。
f0172925_8335871.jpg

紐をサービスでいただきました。

こだわるなら、皮ひもですよねと。

近日中にお気に入りの皮ひもを探すとしよう。






で、ご覧ください。
f0172925_834927.jpg


商品の一部ね。こちらtaigaglassさん。群馬県はみなかみで工房を開いてらっしゃいます。

今度みなかみに行く楽しみが増えました。体験もできるっていうことですし。



なんで、なんで?!ガラスの中に美しい花や、映像が無かった(私のバカバカ)けど

クラゲのこう、たよりなさげで、流体の美しいモチーフのペンダントトップも!!




こちら、髪留めで、想像してくださいね。
f0172925_94629.jpg


f0172925_942116.jpg



若くてかっこいいご夫婦で出店されてました。小さなお子さんがいて、一緒にお昼を

食べていた姿が、また楽しそう。





さて、次は…

て、テレビのアンテナは古釘!!あの、冷蔵庫…!

f0172925_8345114.jpg




こちら、家具工房juconさんのブース。
f0172925_8351051.jpg


町ごと一つくださいっ!と言ってみたいけど、それは叶わぬことなので、

以前から欲しかったものに巡り会えたので、これを縁と思いまして。

また、これまた、素敵な方でして、会計をしてくださったのは奥様かな?

もう、本当に素敵なお二人だったので、そこも写真に撮りたかったほど

(ほら、もともと恥ずかしがり屋だから、言い出せない。誰って、私が。ええ。)







f0172925_8354125.jpg


持ち手の鉄の部分、手に持つ感じがとってもいいです。

家具屋さんの作ったものだけあって、実にがっしりとした存在感です。

どんどんうちに馴染んでおくれ。





工芸まつりは終わりましたが、わたらせ渓谷は来週あたりが紅葉の見ごろでしょうか
f0172925_8574128.jpg



トロッコ列車が紅葉の中を駆け抜けます。

一度こちらにいらっしゃいませ。




と、DCキャンペーンのようなしまい方?参考までに、わたらせ渓谷鉄道

※音が出るのでご注意ください。
[PR]
by yocchi0220 | 2011-10-31 09:12 | 出かける

東京のおまけ

minさんところをおいとまし、ちょっと夢のようにふわふわしながら、

地下鉄に乗り、おまけの東京を。

f0172925_20464398.jpg




おめあてはソニープラザ。ケンタッキーのキャンペーンで引き換えられるトートバックを

貰いに行ったわけ。うちの県にはソニプラが無いので諦めていたんだけど、

今回の東京行きで、せっかくだからってね。

それで、銀座を歩きます。






引き換えたバックはそれなりのものだったけど(当たり前だよねケンタのオマケのおまけだもん)

ついでついでと、ハンズまで歩く。

夢中になって歩いているうちに足がジンジンしてきてしまい、次第に歩くペースもダウン。

ものめずらしさで、あっちにこっちにとまっすぐ歩けない超ジグザグ歩行。

どっかで休みたいなぁ・・・どこもいっぱいだ・・・

いっぱいといえば、とにかくいっぱいの行列は西銀座チャンスセンター。もう長蛇の列列列。

横目で見つつ、買い物帰りの外はもう夜。





f0172925_20522796.jpg


f0172925_2105159.jpg



有楽町駅から電車に乗って~

東京駅から新幹線。グランスタも人で溢れている。のどの渇きはRF1の野菜ジュースで補い

ツレの薦めである行列に並ぶ。


そこは・・・

f0172925_2141718.jpg

六厘舎。

狭狭の店内はコートを着る時期はかなり辛い。脱いだコートを置くところがないから。

でも満員行列。そして、誰もがみんなご完食。

うどん?と思う極太麺です。魚の粉を混ぜてね。つけ麺のスープを最後は「スープ割りで!」との

お約束で飲み干すのでした(私はしないの。高血圧だから)

ぷは~っ。ごちっ!!





でも、待って、なんだかとっても夢のようだったminさんとこの余韻が、すっかり現実モードに

なってしまったぢゃないかっ!!ばかばか!!


アノヒトに連絡したら会ってくれたかなぁ・・・なんて思いながらガタンゴトンと電車揺られました。

歩いて乗り継ぎバスに乗り、足をひきずるようにしてようやく家に。

f0172925_20531955.jpg


お土産の一部~。

やっぱりサーモス買おうかなぁ・・・と迷っていたこのごろ、「!」見つけて思わずカゴにいれた

アラジン!そうか、おまえ、出ていたのかい!

今はなくてはならない職場のお供です。いい東京の旅でした。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-12 21:19 | 出かける

神楽坂へ

さて、お腹も満足してた私。通りを見物しながら歩きます。

そして。

f0172925_17241239.jpg


到着!!


間違いなし!!





そう。ここはminさんの参加している三人展の会場、アユミギャラリー。













えっと、確か2時から会場におられると…でも、minさんの名前しらないのだな。私。

ううむ。どうやって声をかけたらいいのだろう。

f0172925_17301994.jpg


緊張しながらギャラリーにお邪魔し、ゆっくり作品を見せて頂きながら…作者名にようやく気付く。

f0172925_17304132.jpg

f0172925_1743388.jpg




minさんコーナーをゆっくり歩く私に主催者と思われる方が、さりげなく

「作家を呼びましょうか?」とおっしゃる。



「え!は、はいっ!オネガイシマスッ!!」



心臓がドッキドッキで中学生の告白の気分。











そこに、なんとも作品のイメージ通り、素敵な女性登場。

「あ、あの…ぶ、ぶろぐやられてますか?」

「あ、あの…ヒツジタンスのよ、よっちです!」










「minさーーーん!!」

「よっちさーーーん!!」

思わず大歓声になってしまい、主催者のお一人が、ずいぶん久しぶりのご対面なのねと勘違い

されたのも無理はない。いえいえ、初対面でございます^^






ギャラリーはこの一画だけ時間が止まったような空間で、本当によく、ギャラリーとして活躍の

機会を与えてもらってよかったね!と壁を撫でたくなる感じであります。

うちの田舎では国の登録文化財にもなった古い百貨店が今月取り壊されることになったのです。

で、そのあとは駐車場なんだって。駐車場に入りきれない車があるわけでもなく。

戦火でも焼けず、その百貨店がただ一つ残ったゆえに、丸焼けの町の方向が分かった…と言われていた。

その建物を見るために地方から人が集まっり、都内某老舗デパートと同じ建築家、アールデコ調の様式…

その歴史も文化も、市が更地としてお買い上げになるんだそうで、非常に悲しく空しくやりきれない。

その思いも重なって、こういうふうに人が集まり、また、生き続ける建物というのは非常に

幸せだなあと思わずにはいられないのでした。結局人なんですけどね。








f0172925_19455123.jpg

ブログで観ていた好きな作品が間近に!!静かな作品の前で興奮のよっち。


f0172925_19461039.jpg
f0172925_19463086.jpg


f0172925_19464912.jpg

ギャラリーには次から次へとお客様が訪れます。

私の好きな作品は…きっとminさんがアップしてくれる画像でお楽しみください。

ブログを通じて、初めての対面。初対面なのに懐かしいような不思議な感覚です。

一言でいえば、やっぱり「嬉しい」。

とっても嬉しかったです。








f0172925_1947629.jpg


minさんの世界を生み出す素敵な手とヒツジ(笑)

名残惜しく、おいとまをいたします。














あなたも是非アユミギャラリーにお出掛けください。

三人展の開催は8日まで
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-08 17:46 | 出かける

お腹をみたしてから。

今年の夏のはじめ、私はどうにも身動きができなかった。

なんだかんだと中途半端な予定が組み合わさり、気持ち的にも体的にもキュウキュウ、

いやギュウギュウといったかんじだったからだ。

だから、憧れつつも、ここに行くことが出来なかったのが今年の心残り№1になった。

なんどもシュミレーションはしたり、時刻表を調べ。あがいてはみたんだけれど…。







さて、今回は、これもギリギリ綱渡りのような日々の中で、なんとかできそうな時間の都合がついた!

キャンセル待ちのような時間の空きっぷりなので、顔もぼろぼろ髪は白髪だらけ、服も気にしていたら

もう、出かけられない!意を決して出かけたのである。もう、前進あるのみ!








どうしよう。

かなりドキドキするよぅ。

電車乗換られるのか?!大丈夫か自分?!









そして、お祭りよね?!きっと御祭りよね?という人ごみを通り抜け、乗換え、どうやらついに目的地の駅に。










ああ、お会いできる時間にはだいぶ間ががある。

まずは腹ごしらえ。(結局そこ?)

f0172925_21315041.jpg


15年ぶり。


f0172925_2216242.jpg

15年以上になるかも。

二葉の「ばらちらし」。

店を見渡せる壁際のちょっと高いところに(番台みたいなね)まことに粋な着物姿のおばあちゃんが、

ちょこんと正座して、お客に挨拶から、調理場への指示やらをしていた記憶…

言葉は全くうろ覚えだけれど、その姿がが実にお店に合っていて、若かった私は感激したのだ。

残念ながら、おばぁちゃんの姿はなかったけれど、お茶を出してくれるのは身内の方なのかなぁ。









熱いお茶までを美味しく頂いて、

そう。ここは神楽坂。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-12-07 22:13 | 出かける

oo家の匂い

f0172925_810577.jpg



ある日曜日、ちょっとした時間の合間をぬって出かけたイベント先が、終了時間時間と

なってしまい、立ち尽くす。帰りの時刻は迫っているけれど、せっかく出かける気分になっていたのに

そのまま帰るのはなんだかつまらん。




ということで、出かけたところはパワースポットとして最近取り上げられているが、

地元では「ポックリ観音」として人気が高い寺。

ここへ来れば、「ポックリ」病まずに逝けるということなのだ。




最近来てなかったなぁ…などとツレに言うと、いやぁ、来たのは初めてだとい

なんと!なんと!と驚きつつ、罵りつつ?

車から降りて、家族が開口一番

「あ!○○のじいじ(ツレ実家)のうちの匂いだ!」




歩いていくとそこにはいたる所に一束100円の線香がつまれておって、その線香の煙があたり一面

モウモウとたち上がっている。

つまり、ツレの実家の匂いは線香の匂いってこと。




うぎゃぁ~と言って罰当たりの家族2は線香の煙から逃げようとする。

咳込むは泣けてくるわ。




ううううっ…むせび泣くのは、あの人を思う辛さに耐えかねているのじゃなくて、

この鼻孔と眼球を激しく攻撃する線香の煙のせいなのよ。




しかし、せっかく来たんだし、アタマよくなるよ。

煙頭にかけると。

と言っては煙を家族の頭に手繰り寄せる。

もう、煙まみれだからいいんだよーーー!と言いつつ、

頭がよくなると聞いたもんで、その気になって神妙な顔つきで煙さに顔をくしゃくしゃに

しながら頭をつきだして、自ら煙シャンプーの態。




しかし、パワースポットとしての人気が若者を集客したからなのか、団塊の世代の方たちの

おかげなのか、信じられないものが駐車場近くに出現していた。

f0172925_8164685.jpg


寺に移動式のカフェ。なんだかタヌキに化かされているみたいだ。



早速冷えた私たちが頼んだのは珈琲とココア。

f0172925_8163591.jpg


こんな田舎の寺でねぇ。(いや、れっきとした観光スポットではあるんですがね)









さて、家に帰り、留守番の家族1が玄関のロックをはずしにお出迎え。









私たちに向け、開口一番














「○○(ツレ実家)の匂いがする!!」
[PR]
by yocchi0220 | 2010-11-24 08:38 | 出かける

フリマ 秋の日

f0172925_1455161.jpg


なかなか遠くに行くということができず、さりとて家にこもってばかりだと不満もつのる…

そういう時に仕入れた、うちから車で20分でいけるショッピングモールの駐車場でフリマ有との情報。

行きましょう行きましょう。



出店の数はやはり多くはなかったものの、限られた時間の中で回るには十分。

そして、家族が地面に置かれた小さい箱から探し出したのが、まず、ぴちょんくん。

上の写真。

最初3つ買って、そのあと別のお店でもう一つ買って…値段が1:10くらい違うので驚きつつ。

値切りは場数だよおっかさん。


f0172925_14581780.jpg

その後家族1が、うむむむむ…と悩んだ末、300円にて買ったのがこれ。

懐かしいモモちゃん。これ、本当によくできたデザインだと思う。

PCの中でモモちゃんがメールを届けてくれたっけ。へんてこな部屋を作ったっけなぁ。

名前は何故か「実篤」だった。

モモちゃんの顔のピンクのニット帽(たぶんバッタ品)が私たちのお気に入りで、

冬場の家族1の幼児の時代の写真は必ず頭がモモちゃんであったことよ。




そして今回、家族1が手に入れた最大のお買い得品と言えば
f0172925_1515254.jpg


ROPEのギンガムチェックのシャツ。300円。

売り手の女性が、着ようとしたら入らなかった…という理由で放出されたもの。

実に生地がさらっとしていて、それでいてシャッキリしていて、仕立てもよいので

値段を聞いてちょっと驚いたほど。いいんですか?ねーさん?!

いや、安いほうがいいんだけどさ。





ねー、私着たかったのよ~

大事に着ますね~







と会話をしつつお金を払い、

ああ、だからフリマはやめられない。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-10-27 15:05 | 出かける

パワースポット

尊敬する師匠の影響で、パワースポットという名の場所を意識するようになり、

おちこんだ乙女おばちゃん二人は、夏の終わりに車に乗り込み、その場所を目指したのでありました。

くねくねと続く山道を登り(途中車がすれ違えるかかなり緊張。とにかく対向車に出会ったら

どちらかが、すれ違い可能な場所まで引き返すしかないのである)



道々話すことは尽きない。

しかし、ハンドルを握っているのは今回私なので、目的地に着いただけでもかなりの達成感であったことよ。

f0172925_23372411.jpg


果たして、グングンとパワーが降臨してくるのか、はたまた体中に精気がみなぎってくるのか!

実は、私にはまことに残念ながらよくわからなかったのであります。

ただ、実に気持ちの良い場所であるということだけはわかったけれど。




f0172925_23392733.jpg


ひんやりと気持ちのいい空気。

f0172925_2340105.jpg


道の脇の長椅子に腰かけ、また話し出す二人。

f0172925_23414964.jpg


こんな毎日もいつかあっという間だったという日がくるのだろうか





f0172925_23423947.jpg


空は広く青く。私たちはちっぽけだ。



















後日談。

いっぱいいっぱいでパワースポットにいっても、パワーの入る隙間がないそうです。

なので、ガス抜きをしてから、赴くのがいいとか。







そして、ここに参拝してから2日後、新しい仕事の話が本当にひょんなことから舞い込みます。

もしかして?もしかする?
[PR]
by yocchi0220 | 2010-10-17 23:48 | 出かける