カテゴリ:短歌( 4 )

治療中独り思ふ

体裁や 恥など知らず 泣けること 子供と大人の さかいめと知る



温シップをあててもらってる間私は何もすることが無いので、いろいろ考えことをしていた。
ひどく転んで、うずくまったり、誤魔化したり、泣くどころか笑って見せたり、大人はなかなか
演技力がいる。子供なら、大声で泣いて、大きな手で痛いところを包んでもらえるだろうが。
今、傷を押さえる手が大きいのは私だ。大人は文字通り大きい人なのだなぁ。


と、ここで、Nicole-ayさんのブログを拝見し、そうか!とまた思ふ。
大人は奥が深いのだ。私もその域にたどり着くのが楽しみになるから、歳はとるので
なく、やっぱり、日々と気づきを重ねるのだと思う。最近、こうして、家にいながら、
沢山の素敵な方達と巡り合い、また、手をとっていただいたりして、しみじみ嬉しい。
素敵な人との出会いは曇天の空のはるか向こうに薄日差すように、でも、確実に
希望となって自分の心を明るくしてくれるのだ。




さて、この接骨医院の小さい小さい待合の書棚に、婦人画報、和楽などが並んでいる。
そして、その上にコミックが並ぶ。パタリロ、カリフォルニア物語、ねじ式・・・・ん?
なかなかやるな・・・。通うのが楽しみぃ
[PR]
by yocchi0220 | 2008-11-08 13:15 | 短歌

キューピット

君からが よかったという つぶやきが キューピット役への ご褒美かいな


おっかけをしている?写☆歌☆人の一句師匠のような、粋な歌をいつか作りたいものだと始め
た短歌。これは、多分皆様が想像するような結末ではございまへん。末尾の「かいな」に感情の
なげやりな様子が現れているという・・・。


会社勤めをしていた頃、同期の女子が、年下の先輩(世の中にはよくある)に恋をした。
日に日に募る彼への想い。彼もどうやらまんざらでもない様子。しかし、なかなかはっきりした
展開へとは進めない。何せ、せまい会社。顔をあわせない訳には行かないわけで。

そういうときに「御呼び」がかかったのか、はたまた、お節介で乗り出したのか、今となっては
全然定かではないのだが、私が、会社から見える喫茶店に彼を呼び出し、その真意を伺う役
になった。

その時の言葉
「よっちさんから だったら よかったのに・・・」

ここで、浮き足立ってしまう女子、あるいは男子!あなたは正しい!!
しかし、事態はコンマ1秒で変わる。
よっちさんから だったら、迷わずに断れるのになあ・・・
恋に潤んだ瞳をしばしばさせながら、彼は、つぶやいたのであった。

その後私はどうしたかって?星一徹のようにテーブルをひっくり返したい気持をぐぐぐーっと
納めて、にっこり笑って、ご縁談を進めました。

その後二人はどうしたかって?めでたくご結婚。私はスピーチもいたしました。




恋は盲目。心ならずとも人を傷つけている場合もございます。
皆様どうかお気をつけくださいませ。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-10-27 09:53 | 短歌

口ずさむ

「声似てる」 その瞬間から 口ずさむ 全ての歌が ドリカムになる


f0172925_961392.jpg



最近歌も歌ってなかったけど、最近のドリカムも知らないんだけど、一日中懐かしの
ドリカムがBGMになっておりましたのよ。







おさげ髪のこの人は母が10年位前に作ったもの。ピアノの上で色あせかかっている。
あ、この子の顔は母のクリエイティブで、なく、こういうものを教わったのですよ。ごめんなさい。
ただ、この子を彼女と姉が可愛いと気に入ってるのは確か。(姉は一体作って貰った)
[PR]
by yocchi0220 | 2008-10-21 20:58 | 短歌

ぼんやりと日常に復帰

空耳の お囃子届ける 秋の風  橙滲む 提灯揺らす




祭りが終わり、ようやく動作の度に、いててて・・等と言わず動けるようになりました。
歩いた走った。で、普段考えられないような、太ももの前や、横、脛の筋なんかが
もう痛くて痛くて。思うに、やはり慣れぬ草履のためかと。草履って履物は、運動靴
とは当然違った筋肉を使うのですねえ。と、すると来年も1年ぶりの草履で・・・同じことか・・・

今夜は祭りのためずれたバイトの日。中間テストも近くなって参りまして、
ぼんやりしていられないことを・・・痛感させられるでしょう・・・。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-10-15 17:14 | 短歌