<< 紙シリーズ ③ 蛍狩り >>

ミラーマン!

f0172925_2228496.jpg


ウルトラマンを語る人が多くても、なかなかミラーマンを語る人は少ないと思う。
この話は子供心に「暗かった」のだ。
背景もどよんと、グレーな感じで、内容は主人公が悩み多く、メンタルで葛藤があって・・・
と、単純明快なヒーローものとは一線を画すものだった。(正直子供には難しかった)・・と思う。

私にとっては、キカイダーよりずっと哀感漂う話だったのだ。

最近は復刻版のソフビ人形まで登場し、DVDも円谷プロで販売しているらしい。
これは人手に渡って、砂場で埋められたり、ジャングルジムから落とされたりして
いない。ましてや、足の裏に「タカシ」などど書いてないのだ!

このミラーマンを見ると「純露」と「カンロ飴」を思い出す。初放送の時は大塚グループ
の単独スポンサーだったはずだから、この飴のコマーシャルがはいってっこないのだ
けど再放送の時のスポンサーだったのかな。このどちらかのコマーシャルが流れていた
記憶。今もどちらも売っているのかな・・・カンロ飴は甘じょっぱい丸い黄金色の飴だった。
あの頃は、飴といえば、ライオネスコーヒーキャンディかサクマのイチゴキャンディのCM
どこかで天使が見ている時代だった。
[PR]
by yocchi0220 | 2008-07-05 22:43 | 昭和レトロ・玩具
<< 紙シリーズ ③ 蛍狩り >>