<< 森のパン屋 歓送迎会の翌日の新築祝い >>

雨を呼ぶ靴

f0172925_18165655.jpg



フォーマルの靴の踵がだいぶ痛んでしまい、直しに出そうかと考えたのですが、

お直し代も1万円くらいかかると判明。ならばと…お手頃な靴を探して探して。

私は足が幅広で、なかなかセール品に足が馴染む靴がなくて、ついにやむなく

通常販売価格の棚の(ケチ)片隅から、気に入った高さのパンプスをためし履きし続け

ついに見つけたその靴は、私の足にぴったりとまさに「吸い付く」感じがしたのです。

前に靴で痛い目をみたことがあるので、多少我慢してお安い…はもう卒業。

私にしては、相当な値段で(でもセールじゃない くどい)購入。

それが左のフォーマルシューズ。

しかして、この吸い付く靴は、まっこと快適でがんがん歩けるものの…皮が軟らかく

初日で既に、ガリッと傷が…泣

しかも、どういうわけか、この靴をはくシチュエーションではなぜか、雨!雨!雨!

今まで、4回のフォーマルな場で見事に全部雨!

こんなことって、あるの?!と首をかしげたくなるほどです。





それと、やはりオフィス用のパンプスも痛んできてしまい、それも十分ためし履きして

購入(今度はセール くどい)したはずが…これが(右側ね)靴屋では快調だったのですが

1時間くらい歩いてみると、あら不思議…そりゃもう、小指の付け根が悲鳴を上げる痛みの靴に

早変わり。

座るオフィス仕事にしか向かない一足となってしまいました。やれやれ。






今日は告別式に参列。

町内の大きな役をされていた方だったので、誘い合って、セレモニーホールに

出かけてきました。

父からは聞いていたのですが、ホールの入り口に、故人のスナップ写真が引き伸ばされて

数枚飾られておりました。その一枚が、2年前私が映した写真だったのでした。

あまり、いいお顔だったので、迷わずシャッターを押したのを覚えています。

もともと素敵な方でしたが、写真の出来上がりもよかったので、ご本人の了解を

得て、町内の文化展に展示してもらった1枚でした。

告別式の終わりに親族にご挨拶するときに、奥様が

「あの写真気に入っているのよ、ありがとぅ」

とおっしゃってくださり、もう、涙が止まらなくて、ホールの端でおいおい泣きだしてしまいました。








この靴をはいた今日もまた細かい雨が降り続いています。
[PR]
by yocchi0220 | 2010-05-11 18:02 | 雑貨
<< 森のパン屋 歓送迎会の翌日の新築祝い >>